2004年12月17日

転載[アラブの声]米国車がイラクを侵略 イラク人愛国者・政治活動家が日本人に告ぐ

米国車がイラクを侵略 イラク人愛国者・政治活動家が日本人に告ぐ(アラブの声)
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/message/246

 著名サイト、バスラ・ネットはイラク人愛国者で政治活動家のゼイド・アーラジー氏の「日本人に告ぐ」と題する投稿文を16日に掲載した。

 日本人は多くの長所を持っている民族であることを私は知っている。これらの性質の中には、客を歓待する精神や占領に対する抵抗心などイラク人の特質とも共通のものがある。

 1978年イラク航空が最初に日本に乗り入れた第一便で訪日したおりには、銀座通りを歩き、、伝統的な芸者ハウスで有名な酒も味わったものだ。庭園や生け花に驚嘆させられた。人々と国全体の美しさにも感心した。特に自動車や電子、電気分野の進歩に、また礼儀正しさにも驚かされたが、広島と長崎でアメリカが犯した残虐性に触れた時には深く心が痛んだ。

 世界はあなた方がどのようにこの困難を克服し、再度巨大な工業国として成功したかを知っている。日本の成功は確実にアメリカ人を苛立たせ、あなた方に止めを刺す機会を狙い始めた。しかし別の方法を使って。そこで先ず米国の文化で貴国を侵略し始めた。

 悪の帝国アメリカがその同盟国とで、私の国イラクに戦争を仕掛けた時、貴国はこの横暴勢力に加担した。確かなことは、彼らは貴国政府に、イラク再建事業の分け前を与えようと言ったことだ。しかし私や私に同調する数百万人のイラク人が発する質問は、「貴国の企業はこれまでイラクで活動していなかったか?」というものだ。勿論活動していた。一例を挙げれば、ヨルダンとイラク南部を結ぶ高速道路は日本の企業が建設したし、イラクを走っている自動車の8割は日本製である。

 貴国の憲法は軍隊の海外派遣を禁じているのに、何故人道的任務という看板を掲げ、私の国に軍隊を派遣することでこの憲法を踏みにじったのだ。おかしいじゃないか?それとも、あなた方が軍事産業に突っ走り、他の分野に悪影響を与えることを計画しているアメリカ人を喜ばせるためにこのような措置(軍隊派遣)をしたのか?

 占領軍の仕事をしているあるイラク人が語った言葉をお知らせしよう。「イラクの道路を走り回っている日本製の自動車を見てある米軍高級将校が、『我々はこの国を軍事力で侵略したように、これらの道路を米国車で侵略しよう』と話しているのを聞いた」

 石油や大規模プロジェクトの契約が欲しければ、ハリバートン社に出向くのが良かろう。貴国の軍隊をイラクから撤退するよう貴国政府に訴えて頂きたい。後で後悔するのはつまらないではないか。
http://www.albasrah.net/maqalat_mukhtara/arabic/1204/zayd_151204.htm
****
イラク人が日本をどのように見ているかが良く分かる。

アラブの声ML 齊藤力二朗
http://groups.yahoo.co.jp/group/voiceofarab/

posted by PPFV at 19:17| Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新聞社の記事からなど、他HPからの転載を多数されておられますが、転載の許可は取られていますか?。
新聞赤旗、東京新聞については、確認しましたが「無断転載不許可」と明記されています。
記事の全文を転載し、それに対するコメントは転載した文章よりも短いものも多く見られますので、著作権法に定める引用にも当たらない記事も多くみられます。
いかに正しそうな言説とて、「法」を逸脱して説かれたのでは説得力に欠けるのではないでしょうか。
Posted by るっつ at 2004年12月17日 20:50
ご指摘ごもっとも。
命がけで憲法破ると言っている某都知事もいることなので大丈夫かと思ってました(爆)
方策考えます。
それとせめて身元ぐらい明らかにしてください。ネトウヨと見分けがつかないので。
Posted by PPFV at 2004年12月17日 21:28
素早いレス有難うございます。
不快な指摘にも関わらず誠実に対処していただき、一安心です。
怒られたらどうしようかと、ヒヤヒヤものでした。
身元と言われますとメアドやHPの事でしょうか?
HPは開いていません。
メアドは例えフリーメールであっても一般に開かれた場所には書き込まないことにしております。
BBSなどにメアドを書き込むと、必ずと言っていいほど不愉快な内容のメールが舞い込みますので。
論争をするわけではなく、事実を指摘するだけならこれで構わないと思ったのですが、ご不快な思いをされたのなら申し訳ありません。
もしも私がネトウヨだとしても、著作権に反した転載方法である事実は変化しませんので、私の心情はこの件に関係ないとは思いますが。
Posted by るっつ at 2004年12月17日 22:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。