2004年12月18日

当面おやすみします

先のエントリーで下記のようなコメントもらいました。
当面やめます。
目的は「すばらしい記事を紹介したい」というただそれだけだったのですが
やはり法は守らねばなりません「著作権法」といえども。

国の最高法規である「憲法」は言わずもがな。

・突っ込まれない良い方策が見つかるか
・時間に余裕ができるか
・某都知事のように居直ることができるか(爆)

すればまたアップしたいと思いますが、当分未定です。

ひとまずはこのようなところにおいでいただいた皆様には心より感謝申し上げます。

===========================================================================================

新聞社の記事からなど、他HPからの転載を多数されておられますが、転載の許可は取られていますか?。
新聞赤旗、東京新聞については、確認しましたが「無断転載不許可」と明記されています。
記事の全文を転載し、それに対するコメントは転載した文章よりも短いものも多く見られますので、著作権法に定める引用にも当たらない記事も多くみられます。
いかに正しそうな言説とて、「法」を逸脱して説かれたのでは説得力に欠けるのではないでしょうか。
Posted by るっつ at 2004年12月17日 20:50

ご指摘ごもっとも。
命がけで憲法破ると言っている某都知事もいることなので大丈夫かと思ってました(爆)
方策考えます。
それとせめて身元ぐらい明らかにしてください。ネトウヨと見分けがつかないので。
Posted by PPFV at 2004年12月17日 21:28

素早いレス有難うございます。
不快な指摘にも関わらず誠実に対処していただき、一安心です。
怒られたらどうしようかと、ヒヤヒヤものでした。
身元と言われますとメアドやHPの事でしょうか?
HPは開いていません。
メアドは例えフリーメールであっても一般に開かれた場所には書き込まないことにしております。
BBSなどにメアドを書き込むと、必ずと言っていいほど不愉快な内容のメールが舞い込みますので。
論争をするわけではなく、事実を指摘するだけならこれで構わないと思ったのですが、ご不快な思いをされたのなら申し訳ありません。
もしも私がネトウヨだとしても、著作権に反した転載方法である事実は変化しませんので、私の心情はこの件に関係ないとは思いますが。
Posted by るっつ at 2004年12月17日 22:53
posted by PPFV at 11:24| Comment(15) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>>著作権法第10条(著作物の例示)
(中略)
>>2事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、前項第(1)号に掲げる著作物に該当しない。

という条文があります。
つまり、新聞の単なる報道記事には著作権は発生せず、記者による解説や社説などには著作権が発生するという考え方です。
(個人的にはかなり不満なのですが)

とりあえず、PPFVさんの行ってこられた「転載」のほとんどは(すべては確認していませんが)「該当しない」と思われます。

「おやすみ」の必要なんてないですよ。帰ってきてください。
(ま、やんなっちゃったって気持ちもわかるのですが、どうか一つ、ファンの気持ちもお汲みおきくださいまし)
Posted by ジャバウォック at 2004年12月18日 12:45
こんばんは。
全文転載という方法ではなく、「引用」の範囲内におさめるとか、元記事へのリンクにするとか、当該記事を紹介する方法は幾つか考えられると思います。

少し休憩されて落ち着きましたら、再開を期待しております。
Posted by 闘うリベラル at 2004年12月18日 17:45
こんにちは!
当面お休みとのことでとても残念ですが、
体と心を休めることも、ときに大事ですよね。
(私は結構無断でよく休んでますー。そして書きたくなったら書きます。)
ゆっくりお休みされて、また書きたくなったときに、戻ってきてくださいね。
のんびりと待っています。(^^/

それと、私のブログでは「コメントは受け付けない」にしてます。あまり余裕がないので、、。
意見あるときはトラバでお願いね、ってことにしてます。

それでは、また!
Posted by nopo at 2004年12月18日 22:55
こんばんは。いつも拝読させて頂いてます。
昨日、件のエントリについたアホなコメントを読み鼻で笑っちゃったのですが、『当面お休み』と聞いて笑ってもいられずコメントさせていただきます。

ネット上で公開された著作物に現行の著作権法を適用できるかどうかは議論の分かれるところです。現著作権法を『便宜的に』当てはめているのが現状で、法の側に新しい著作物の公開形態に即した考え方や規定が求められている現在、『法を逸脱』云々は明らかに下らない誹謗中傷の類にすぎません。

これまた読み手の勝手なお願いで恐縮ですが、エントリに無関係な文句をつけて、ひとの発言意欲を削ごうとする、奴隷根性丸出しのネタQ(Net阿Q)なんぞに惑わされないで下さい。
お疲れを癒された後の更新を心待ちにしています。
Posted by kazzVaporTrail at 2004年12月19日 02:38
大変残念なことです。

これは、どう考えても反動勢力ネット右翼のワナだと思いますよ。

俺なんか、奴らの主張によれば刑事告訴されたそうですから。その後も書類送検されずに文句たれております。苦笑。

こんな人間を相手にしないで、これからも続けて下さい。

無視に限りますよ。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2004年12月19日 08:26
おはようございます(笑)。
自分と同じ関心領域の情報を精力的に紹介してくれるPPFVさんのブログは、とても参考になっています。「当面おやすみ」は残念ですね。
私は情報の一次資料あるいはメジャーな論説をもとに思弁のほうに走る無精者なので、こういう情報ソースに大いに助けられています。
現行の著作権法適用でも「突っ込まれ」る筋合いはないですし、「居直り」も可と思います。
「時間」もぜひつくっていただいて再開してくださいな。
Posted by 主義者Y at 2004年12月19日 08:38
自転車や車のカテもお休みなんですか?
寂しいです(´Д⊂グスン

早く戻ってきてくださいね。
でも、無理しないで欲しいし・・・複雑な気分です。
Posted by サファイア at 2004年12月19日 09:46
一旦記事の公開を停止されたのですね、公開方法に問題があった以上懸命なご判断だと思います。
公開方法を改められた上での再開お待ちしております。
>ジャバウォックさん
>>2事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、前項第(1)号に掲げる著作物に該当しない。
誤解されているようですが、この「時事の報道」とは「いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように」したかと言う客観的事実のみの記事--のことです。
具体的な新聞記事で言えば死亡記事、交通事故記事などがこれに当たります。
記者が独自に取材し、情報の選択を行い、独自の視点で記述された記事には編集権が発生すると考えるのが一般的な考えです。
>kazzVaporTrailさん
ネット上での著作権の取り扱いは確かに過渡期ではあるでしょうが、すでに一定の法整備がなされています。
1998年1月1日に著作権法が改正施行され、ネット上の著作物に「送信可能化権」が認められました。
これによってネットで公開されている記事についても、引用の範囲を超えた転載は著作権侵害にあたることになっています。
現在の著作権のあり方についての異論が存在するのは当然のことですが、異論があるからと言って法を犯すことが肯定されるわけではないと思います。
>死ぬのはやつらだ
私を反動勢力ネット右翼と断定される根拠は何ですか?
そもそも「反動勢力ネット右翼」の意味が私にはよく分かりませんけど、私は自分が右翼でないと思っていますので大変心外です。
自分の意味染まないことをする人間を、「反動勢力ネット右翼」とレッテル貼りをし敵視するとはえらく狭い考えではないでしょうか。
「PPFVさんの意見には賛成するが、サイトの記事の紹介方法には異論がある」そんな人間の存在は考えられないんですか?
主義主張に賛同すれば、その人の行い全てを肯定しないといけないんですか?
間違いを間違いと指摘することは、相手のためでもあるとは考えられないんですか?
私を「反動勢力ネット右翼」と断定する根拠と一緒に、この問いにも答えて頂けたらと思います。
Posted by るっつ at 2004年12月19日 11:03
なるほど。
厳密な法の適用と尊守は大切ですね。(守ると人の道に外れる悪法もあるとは思いますが)認識が少し甘かったかな。
著作権法の背景の理念などいろいろあるでしょうけど、チョー簡単に言ってしまうと、オリジナルを書いた人間の立場に立って、「あれ?俺の作品が、まんま載っている」というのはマズイということでしょうか?
PPFVさん。闘うリベラルさんの提案された工夫などして、またいろんな記事を紹介してください。ぜひ^^)
Posted by 主義者Y at 2004年12月19日 15:47
うめチキです。

PPFVさんがお休みしてしまっている!
いろいろ事情はおありでしょうが、戻ってきてくださることを願っています。
Posted by うめチキ at 2004年12月20日 13:25
るっつ様、反動右翼勢力とレッテルを貼ったことは、素直に謝罪します。

ただ、いままで、あなたと同様の主張を「ネット右翼(プロ奴隷)」から、散々指摘され続けていますので、勘ぐってみたのですが。

>もしも私がネトウヨだとしても、著作権に反した転載方法である事実は変化しませんので、私の心情はこの件に関係ないとは思いますが。
Posted by るっつ at 2004年12月17日 22:53

あなた御自身が、ネトウヨである可能性を否定していないので、そう推測しました。


PPFVさんのブログを廃止にさせかけた、あなたのコメントの全文は、以下のようでした。


>新聞社の記事からなど、他HPからの転載を多数されておられますが、転載の許可は取られていますか?。
新聞赤旗、東京新聞については、確認しましたが「無断転載不許可」と明記されています。
記事の全文を転載し、それに対するコメントは転載した文章よりも短いものも多く見られますので、著作権法に定める引用にも当たらない記事も多くみられます。
いかに正しそうな言説とて、「法」を逸脱して説かれたのでは説得力に欠けるのではないでしょうか。
Posted by るっつ at 2004年12月17日 20:50

この文だけを見ると、俺の受けた印象では、るっつさんが主張するところの

>「PPFVさんの意見には賛成するが、サイトの記事の紹介方法には異論がある」そんな人間の存在
には、るっつさんのことが思えなかったのですよ。

俺の感覚から言えば、「PPFVさんの意見には賛成するが、サイトの記事の紹介方法には異論がある」ときにコメントをする場合、まずは、自分が意見に賛成していることを書き、その上で紹介方法が間違ってるかも?と書き込みますね。

るっつさんが、PPFVさんのブログにコメントする常連さんで、ネット上で信頼関係があるのなら、それでも良いでしょうが、意見に賛成していることが書かれていないで、紹介方法に異論があることだけ書くと、意見に反対していると思われませんでしょうか?

>間違いを間違いと指摘することは、相手のためでもあるとは考えられないんですか?

この文章を読む限り、るっつさんは、自分の主張が正しいことを前提としていますよね。でもそれは、判例で確定していないことなのではないでしょうか?もし、そうでなかったら無礼をお許しください。

>主義主張に賛同すれば、その人の行い全てを肯定しないといけないんですか?
間違いを間違いと指摘することは、相手のためでもあるとは考えられないんですか?

俺は、そのような主張はしていません、ただPPFVさんのブログが継続されることを願っているだけです。
Posted by 死ぬのはやつらだ at 2004年12月21日 10:19
 「当面お休み」とはびっくりしました。
 かくいう私もいろいろ考えることがあって、最近は本ばかり読んでいてインターネットを含むメディアからは離れがちだったので・・・気付くのが遅れてしまいました。いろいろ考えるところがあるかと推察しますが、ぜひとも復帰されることを願っております。
Posted by moony(M. H. Square.) at 2004年12月21日 12:57
>死ぬのはやつらださん
謝罪の件了解致しました。
死ぬのはやつらださんがこれまでの経験から、過剰に反応したことは理解できました。
ただ、私から見ればいきなり喧嘩を売られたに等しい行為でしたので、こちらも多少行き過ぎた表現をしてしまい申し訳ありません。
最初の書き込み付きましては、私の立場がどうであれ問題がある事実に変わりはない、と考えましたので、あえて私の心情を一切記述しませんでした。
私が本気でPPFVさんのサイトを閉鎖に追い込もうと思うのなら、サーバ管理者に一報すれば良いだけの話です。
そうしなかった事から、単なる嫌がらせではないと理解して頂けると考えたのですが、私の配慮が足りませんでしたようです。

私は改正著作権の規定から、私の書き込みが現行法に照らして正しいものと思い書き込みました。
死ぬのはやつらださんは、法で規定されていても裁判で判例が出るまでは、新しく制定された規定は守らなくても良いと考えられているのでしょうか?
私は例外はありますが、基本的には制定された法は遵守するべきだと考えておりますので、この辺に認識の差があるのかもしれませんね。

何はともあれ、PPFVさんのサイト更新が再会された事を喜びましょう。
Posted by るっつ at 2004年12月21日 20:41
moonyさん、コメントありがとうございます。
忙しいこともあり、今回の件は気持ち的にもすぐに解消できそうになかったので「当面お休み」と申し上げましたが、皆さんのアドバイスもあって「やはり拙いながらも継続することが大事」と思った次第です。
ぼちぼちやっていきますので今後とも宜しくお願いします。
Posted by PPFV at 2004年12月22日 02:20
死ぬのはやつらださん、るっつさん、コメントまことにありがとうございます。
私も「ネトウヨと見分けがつかないので」と言いながら「いかに正しそうな言説とて」という一文からいわゆる「ネトウヨ系」の人と推察しておりましたので、謝罪せねばなりません。失礼しました。
今後はエントリーに関し配慮したいと思います。ご忠告に感謝いたします。
法の遵守は大切なことです。法に背かなければならないような状況が出現しないことを願っています。
今後とも宜しくお願いします。
Posted by PPFV at 2004年12月22日 02:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ネットワーク時代の知的所有権入門(転載)
Excerpt: ブログにリンクや転載することに対して一考する為に興味深いHPより一部転載させて頂きました。 ちょっと前に書かれた記事ですが、とても参考になりました。 http://www.imasy.or.jp/〜..
Weblog: ▼milou
Tracked: 2004-12-21 01:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。