2004年12月23日

仏拉致記者解放「国家の名において彼らをみんなで迎えようじゃありませんか」

「米国と一線」、仏政府は安堵 拉致の2記者解放(朝日新聞)
http://www.asahi.com/international/update/1222/005.html

ラファラン首相の発言「国家の名において彼らをみんなで迎えようじゃありませんか」

仏首相、身代金否定 イラクの仏記者解放で(朝日新聞)
http://www.asahi.com/international/update/1223/003.html

シラク大統領の発言「政府関係者、国内外の宗教関係者、国民にお礼を言いたい。2人は表現の自由のために命を危険にさらした。フランスはあらゆる形のテロと対決し、人権と自由を守る」

「自己責任」なんて言葉はどこにも聞こえてこない。

以下、読売産経はあっさりとした扱い。

イラクで人質の仏記者解放(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20041222id01.htm
フランス人記者2人を解放 イラクで8月に拉致 (産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/news/041222/kok003.htm
仏記者2人、4カ月ぶり解放 イラクで保護、出国へ(産経新聞)
http://www.sankei.co.jp/news/041222/kok039.htm
posted by PPFV at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。