2005年02月24日

対北朝鮮戦争挑発の“道具”としての自衛隊法改悪に反対する

アラブの声MLでも配信されていました。ぜひお読みください。

対北朝鮮戦争挑発の“道具”としての自衛隊法改悪に反対する
(アメリカの戦争拡大と日本の有事法制に反対する署名事務局)
http://www.jca.apc.org/stopUSwar/Japanmilitarism/jieitai-hou.htm

◎「現場指揮官」の“暴走”、米軍への戦争権限の白紙委任を法制化
◎どう取り繕っても文民統制の完全な否定
◎対北朝鮮戦争挑発、東アジアの緊張激化を煽る「ミサイル防衛」

[1]今回の自衛隊法改悪は、日朝関係全体、東アジアの平和と安全全体の観点から捉えねばならない。
[2]ありもしない「迎撃システム」に発射権限?! 経済制裁発動準備と連動する反北朝鮮キャンペーン。
[3]現場の指揮官に“戦争権限”を与える危険。「軍部の独走」を法制化する異常な事態。「常時迎撃命令」という名の対北朝鮮戦争挑発。
[4]誰が判断するのか−−隠されているウソ。「現場指揮官」とは米軍のこと。要するに米軍にミサイル発射=戦争権限を白紙委任するに等しい。
[5]問題は「ミサイル防衛」そのもの。対北朝鮮攻撃、対中国軍事対決のエスカレーション−−日米軍事同盟が危険な段階に。


  ホームページは当ブログのリンクにも入れていますが、こちら↓
  「アメリカの戦争拡大と日本の有事法制に反対する署名運動」
  http://www.jca.apc.org/stopUSwar/index.html
posted by PPFV at 14:20| Comment(0) | TrackBack(3) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

■朝鮮半島の核兵器の脅威をどのように取り除けばいいのか
Excerpt: 2月23日付・読売社説 [金正日発言]「前向きとはとても言えない」  北朝鮮の金正日総書記が、条件付きで、六か国協議への復帰もあり得る、と語った。  訪朝した中国共産党幹部が、「六か国協議の早期..
Weblog: 読売新聞の社説はどうなの・・
Tracked: 2005-02-27 21:50

■北朝鮮、核廃棄を迫る六か国協議
Excerpt: 2月27日付・読売社説 [日米韓協議]「連携強化し『北』の身勝手を許すな」  北朝鮮に核廃棄を迫る六か国協議の早期開催へ、関係国の連携強化が求められる局面だ。 、、、経済制裁をいつでも発動できる..
Weblog: 読売新聞の社説はどうなの・・
Tracked: 2005-03-01 22:24

「日本の知性にもう一度訴える」(転載)
Excerpt: 梶村太一郎さんのメールが送られてきましたので、転載します。 日本の現状を踏まえて、私もしっかり受け止めたいと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー (転載) 梶村太一郎です。韓国の盧武鉉..
Weblog: ▼milou
Tracked: 2005-03-02 21:34
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。