2005年04月16日

この落差は一体なに

日中会談 まず投石事件に決着を(朝日新聞社説2005/4/16)
http://www.asahi.com/paper/editorial20050416.html#syasetu2

 中国政府は日本側の歴史認識に原因があるといわんばかりの主張を続けている。日中間において歴史問題が重要であることは私たちも訴えてきた。だが、たとえ反日デモの背景に歴史問題があったとしても、大使館が被害にあうのを黙認した責任は免れない。


朝日にしてこの論評です。理解はしつつ何とも釈然としません。「まず」ではなく「同時進行」であって欲しいものです。現状を見る限り「投石事件に決着」がついたあと「歴史問題」に進展が見られるとも思えません。

少なくとも、これくらい噛み合った対話がなされればよいのですが

日中関係打開の問題を中心に
志位委員長、路中国全人代副委員長と会談(しんぶん赤旗2005/4/16)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-16/01_02.html

以下、いくつか記事を拾ってみましたが、まさに日本の態度が問われています。

世界での役割発揮、歴史尊重の国のみ可能 外交部(人民日報2005/4/15)
http://www.people.ne.jp/2005/04/15/jp20050415_49294.html
中日関係の発展、中国の誠意だけでは不十分 外交部(人民日報2005/4/15)
http://www.people.ne.jp/2005/04/15/jp20050415_49292.html
恥ずべき歴史を勇気を持って認めるドイツ(人民日報2005/4/15)
http://www.people.ne.jp/2005/04/15/jp20050415_49309.html
シュレーダー独首相
歴史の反省が友好生む 韓国との首脳会談で表明(しんぶん赤旗2005/4/15)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-15/07_01.html

それに対するわが国の首脳陣の反応はこうです・・・・。

この姑息さ。

「日本とナチス違う」
外相が植民地支配を免罪 緒方議員に(しんぶん赤旗2005/4/16)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-16/02_04.html

そしてこの危なっかしい無神経さ。

町村外相:
反日デモ、在外公館警備に自衛隊員派遣も検討(毎日新聞2005/4/14)
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20050414k0000e010065000c.html

そしてこのお気楽さ。

逢沢副外相:常任理入り 中国、韓国に期待感(毎日新聞2005/4/15)
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20050416k0000m010119000c.html
《記事中より引用》
・・・「近隣諸国のさわやかな支持が得られれば鬼に金棒。賢明な中国、韓国は最後には冷静に受け止めてくれるだろう」

この落差は一体何なのでしょうか。
posted by PPFV at 19:41| Comment(18) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
竹島やガス田問題を取引材料として常任理事国入りの交渉をすすめるつもりなのでしょうかね。そこまでして常任理事国となって世界警察にはいりたいのでしょうか。
Posted by kouhei at 2005年04月17日 00:49
kouhei さん
>そこまでして常任理事国となって世界警察にはいりたいのでしょうか

中国が常任理事国になっているのが間違っているのですけどね。
Posted by むにゅう at 2005年04月17日 22:09
日本の歴史認識が中国の歴史認識と違っているからといって、大使館に投石してもいいとおっしゃるのですか?

デモが暴徒化した件については、日本の立場に立った歴史認識や、東シナ海に関する日本側の主張を暴力で抹殺しようとする行為であり、断固抗議するべきだと思います。
Posted by まさまさ at 2005年04月17日 22:09
>この落差は一体何なのでしょうか。

相変わらず偏見でしか物事が見えないようですね〜(苦笑
日本の態度が問われているとやらの引用先が
ドス赤いところしかなければ落差があって当然ですよ。
真面目にこんな記事を書いているならお笑いですよ(笑
Posted by たろう at 2005年04月17日 22:25
kouheiさんこんにちは。
 私は、日本がどうしたいというより、すべてアメリカのシナリオ通りに動いているように思います。
 日本をアジアで敵対させ、危機感を煽って憲法改正、それで米軍は再編、日本軍を米軍指揮下において、台湾または北朝鮮で有事、ミサイル迎撃実験(だいたいアメリカは新兵器の実験はアジアの人の命でやることにしているのではないかと思います)というのが最悪のシナリオで、それらの一部が実現できればアメリカにとってはよいのでは、とおもいます。
 読売新聞などはそういう洗脳の先兵になっているということでしょうね。
Posted by smash at 2005年04月17日 22:28
>すべてアメリカのシナリオ通りに動いているように思います。

へ〜、中国がああいう無茶苦茶をやるのもアメリカのシナリオどおりなんですね。

それで、アメリカの世界征服はいつ終わるのですか?
Posted by むにゅう at 2005年04月17日 22:30
おお、たろうさん、お久しぶり。
どこで何をしてたんですか。
ドス赤いところだから(爆)見に来なくていいって。
では、さいなら。
Posted by PPFV at 2005年04月17日 22:50
> 中国がああいう無茶苦茶をやるのもアメリカのシナリオどおりなんですね。

中国の若者の一部が跳ね上がった行動をとることも、日本のネット右翼が低脳だから利用できることもシナリオの範囲内でしょうね。

> それで、アメリカの世界征服はいつ終わるのですか?

計算能力のない人に言っても仕方がないでしょうね。
Posted by smash at 2005年04月17日 22:50
kouheiさん、smashさん、こんばんは。
そうですね、それともうひとつ仮に「中国」と「日本」が真の友好関係を結び経済的にもより強固な関係を結んだ時に困るのはいったい誰か(あるいはどこの国か)ということも。
Posted by PPFV at 2005年04月17日 22:54
まさまささん、
http://ppfvblog.seesaa.net/article/2969791.html
をご参照下さい。
Posted by PPFV at 2005年04月17日 23:14
smashさん
>計算能力のない人に言っても仕方がないでしょうね。

つまり、あなたには他人に説明できる能力が皆無ということでよろしいでしょうか?

PPFVさん
>「中国」と「日本」が真の友好関係を結び経済的にもより強固な関係を結んだ時に困るのはいったい誰か

真の友好関係ってどんな関係なのですか?
そういった妄想的な関係を結ばれて困るのは、日中両国民ですね。

そういえば、中国が友好ゆえに併合したとか言っていたチベットや東トルメキスタンの国民はどうなっていますかね?
Posted by むにゅう! at 2005年04月18日 06:53
PPFVさん。

歴史問題と安全確保は区別して考えるべきだということですよね。
メディアが反日デモを連日報道しているのは、未だに中国からの謝罪もなく、再発防止のための措置も何ら講じられていないからです。

両者を区別するというのは、デモでの破壊行為は非難しつつ、日中間の諸問題については互いに歩み寄ることだと思いますが。
Posted by まさまさ at 2005年04月18日 07:35
むにゅうさんこんばんは
> つまり、あなたには他人に説明できる能力が皆無ということでよろしいでしょうか?

「アメリカの世界征服」「いつ終わるのですか」
これはあなたが勝手に設定した命題です。私が説明するという、前提自体が問題にならないことがわからないだろうとおもっていましたよ。やっぱりね。
Posted by smash at 2005年04月18日 21:29
smashさん、日本語が乱れていますよ。

あなたが言っていることは、証拠が無い以上単なる妄想です。
Posted by むにゅう! at 2005年04月18日 22:33
>両者を区別するというのは、デモでの破壊行為は非難しつつ、日中間の諸問題については互いに歩み寄ることだと思いますが。

エントリーでも書いているようにまさしくその通りですよ。
民主的な?日本のマスメディアあるいは政府がその条件を満足しているかどうかを問うているのです。
Posted by PPFV at 2005年04月19日 00:15
少なくとも中国政府とメディアは日本よりは非民主的でしょうね。
まあ、こういうデモに寛容になってきたのは民主的とも言えますが、デモを伝えない、「町村は謝罪して帰った」などと報道しているようでは、お話になりません。
Posted by loftan at 2005年04月19日 00:39
昨夜、ニュースステーションでのインタビューで町村は「日本の教科書はまったく戦争を美化していない。中国の方の勘違いでは」と言っていましたがこちらはお話になりますか。
そもそも仮に中国より民主的だとしてもそれは何の免罪符にもなりませんよ。
Posted by PPFV at 2005年04月19日 01:09
問題なのは中国側に歩み寄る姿勢がないことですね。相手の立場を理解して お 互 い に 譲歩することが大事だと思いますが。

デモでの加害を棚に上げて日本側ばかり批判していては日中関係を損なうばかりです。

日本は過去の戦争については既に反省の意を述べていますが、今回の破壊行為については中国から一度も謝罪がなく、「歴史認識」を盾に日本に謝罪を要求しています。この倒錯した構造が問題なのです。
Posted by まさまさ at 2005年04月19日 08:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。