2005年04月18日

[AML] 問われているのは私達(日本市民)でないのか

AMLにて下記投稿がありました。まったく同感です。「反日嫌中」キャンペーンに踊らされず、中国国民に個人あるいは団体レベルでコミュニケートする必要は常々感じています。
たとえば「中帰連」の中国語サイトhttp://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/profile.htmなどはそんな取組みの第一歩といえるでしょう。

[AML 1159] 問われているのは私達(日本市民)でないのか
http://list.jca.apc.org/public/aml/2005-April/001138.html

河内謙策と申します。(このメールを重複して受け取られた方は、失礼をお許しくだ
さい。)
今朝、昨日の中国の「反日」デモについての新聞記事を読んで“やっぱり”と思い、
少しがっくりしました。
私が見たのは、朝日、読売、毎日、産経、日経の5紙です。その中で、朝日、読売、
産経が、「反日デモ」についての社説(主張)を掲げていましたが、「上海まで、の
衝撃」(朝日)、「中国は自らリスクを高めている」(読売)、「反日デモ暴徒化 
なぜ暴挙を制止しないか」(産経)と、すべて反暴力行為キャンペーンで、それだけ
に的を絞り、中国の民衆が本当に何を望んでいるか、については一顧だにしていませ
ん。あの朝日までがそうなのです。毎日、日経は、社説をかかげていませんが、論調
は同じです。いつから日本は言論統制の国になったのですか、と皮肉を言いたくなり
ます。
私の見方は、既にこのMLで書いてきたとおりです。上記のマスコミは、問われている
のは中国政府や中国民衆であるという見方ですが、私は、中国民衆の暴力行為や中国
政府の警備の無責任さは批判されるべきと思いますが、それより圧倒的に大きな問題
は、中国民衆が常任理事国入りや教科書問題等をつうじて批判している日本の政府
と、これを許している日本の市民にあると思うのです。この簡単な真理に日本のマス
コミが背を向け、日本の市民が他人事のように反日デモを見ているならば、中国の民
衆は再び怒りを強め、民衆同士の分断と対立は強まり、問題の解決は長期化し、困難
になるでしょう。

私は、2001年9月11日には、アメリカ・ボストンにいました。あの事件のあと、アメ
リカの民衆の良心的部分は“なぜ、アメリカはこんなに嫌われるのか”と自問自答し
ました。私たちも、“なぜ中国や韓国の民衆は、日本の常任理事国入りに反対するの
か、なぜ日本の教科書に抗議するのか、なぜ日本は従軍慰安婦の問題でこのように批
判されるのか、なぜ中国や韓国の民衆に日本は嫌われるのか”自問自答すべき時が来
ているように思います。

私の友人から、“河内は何をしろというのか”と言われましたので、今の時点で、日
本の市民が取るべき行動について思いつきを述べさせていただきたいと思います。私
よりいいアイディアを持っておられる方は、このMLで御提案いただけないでしょう
か。

第1に、友人同士で、家族の中で、職場で、学園で、様々な団体の中で、討論をする
ことだと思います。できたら、その討論の輪の中に在日の韓国・朝鮮人や中国人が
入ってもらえたら素敵だと思います。気をつけるべきは、討論の人数が少なくても気
にしないことだと思います。

第2に、個人で、あるいは数人で、あるいは団体で、日本の町村信孝外務大臣にメー
ルや郵便で意見を伝えることだと思います。日本の外務省の住所は、[〒100-8919千
代田区霞ヶ関2-2-1]、宛先は、町村信孝外務大臣でいくとおもいます。メールは、以
下のサイトにアクセスしてください。
http://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

第3に、個人で、あるいは団体で、中国の民衆に直接にメールを送ることを考えるべ
きと思います。私達が、中国の民衆は本当に何を考えているのか、と思っているのと
同じように、中国の民衆も、日本の民衆は本当に何を考えているのか、と思っている
はずです。しかし、ここに難問があります。中国のどこにメールや郵便物を送ればい
いか、ということです。私は、中国には信頼すべき、完全に自主的な平和団体がない
ように思えるのです(私が中国に留学した2003年春の時点ではそうでした)。誰か信
頼すべき中国の個人がいて、彼(彼女)に送れば、中国国内で転送してくれる、とい
うことがあればよいのですが、私 には、現在、そのような友人はいません。この難
問をどのように解決したらよいか、いい知恵を持っている方は、私に直接メールで御
教示ください。
私が考えた「解決策」は、中国の駐日大使に対し“私の意見を中国の人民の方に適切
な方法でお伝えください”と書いて、メールか郵便物を送るのです。日本語を中国語
にする費用は自腹でやるしかないと思います。
 〒106-0046 港区元麻布3-4-33 中華人民共和国駐日本特命全権大使王毅様
 email: info at china-embassy.or.jp
中国の友人からメールが来たという方は、積極的にこのMLで御披露していただけれ
ば、嬉しいです。(このメールの転送・転載は自由です)

河内謙策

posted by PPFV at 20:17| Comment(8) | TrackBack(1) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
問われているのは日本、これには同感です
きょうも読売社説はアレレ、、という感じです。
TBします
読売新聞の社説はどうなの 2
http://love.ap.teacup.com/kouhei2/
Posted by kouhei at 2005年04月18日 22:05
kouheiさん、こんにちは。
 日本人としてできることはまさにこれですね。
 昔、「七つの習慣」とかいう本に、自分にコントロールできることとできないことを分け、たとえば、他人の心はコントロール不能なのだからそれについて考えるのは止め、自分の側でできる限りのことをすることだけを考える、そうすると本来コントロール不能な他人の態度なども変わってくることがあり得るというようなことを書いていましたが、そういう人間として当たり前のことを一つ一つやっていくことが大事なのでしょうね。。
Posted by i-demo at 2005年04月18日 22:52
>なぜ中国や韓国の民衆に日本は嫌われるのか

言い古されていることですが、偏った反日教育にも一因があることは否定できないでしょう。

しかし、だからといってデモに参加した人々を責める気持ちはそれほどありません。
世界には多様な歴史観があるということを学べずにいる中国の民衆も、ある意味被害者だからです。中国が民主化して自由な言論が認められれば、彼らの意識も変化すると思います。

デモでの破壊行為は容認できませんが、中国の民衆のエネルギーが民主化に向かうことを期待しています。
Posted by まさまさ at 2005年04月18日 23:14
>偏った反日教育にも一因があることは否定できないでしょう。

一因であることは否定も肯定もしませんが、その反日教育の内実について(私も含め)どれほど理解されているか甚だ疑問です。民主化云々についてもしかり。
本日トラックバックいただいたblog:TIAOさんのエントリーhttp://blog.readymade.jp/tiao/archives/000984.htmlはその点とても興味深い記述があります。
まさしく「自問自答」することが必要で、他者に原因を追い求めているうちは進歩はないのではと思うわけですね。
Posted by PPFV at 2005年04月19日 00:08
>まさしく「自問自答」することが必要で、他者に原因を追い求めているうちは進歩はないのではと思うわけですね。

同じことを中国人にも言ってやりたい(笑
Posted by まさまさ at 2005年04月19日 08:07
で、どれほど理解されています?中国の反日教育。
今回の反日デモ報道にしても似たような映像が繰り返し流されるばかりで、本当のところはどうもよくわからないのですよ。
ただはっきりしているのは延べ数万(数十万だろうか)という規模のデモで日本人にけが人数人が出たということですね。怪我させられた人には悪いですが、反日デモの暴力性が強調されすぎているとしか思えないのですよ。おそらく割合としては「シュプレヒコールをあげながら整然と歩く集団」が大半だと思うのですがそんな映像見たことありますか。
Posted by PPFV at 2005年04月20日 21:37
 管理人さんがリンク先として紹介されていたところ、読みました。
 smashさんも書いておられたとおり、アメリカが一番トクをしますね。
 テレビでは一生懸命、中国は貧富の差がどうこう、貧困層の不満が反日に、というのですが、そんな人たちがみんなパソコン持っていて、ネットに接続できて、ネットでの呼びかけに集まるのかなあ、とかいろいろ釈然としないことが多いです。中国当局としては、結構きちんと押さえているようにみえますが、横断幕、Tシャツ、ドリンクを用意したひとがいるようで、それは誰なのか、そういう人たちが、たとえばですけど、貧困な人たち数人に少しお金を握らせて、石でも投げさせれば1万人が全員暴徒のように報道される、ということも可能です(そうして捕まった人は、やはり貧困層の人になるでしょう)。
 私も現地にいたわけではないので、単なる憶測ですけど、日本にこういう問題についての解決能力がない(たとえばイラクで外交官が殺されても、結局真相は何もわからない腰抜けだから、いくらでもこの国民はだませる)、と思われているでしょうから、もはや何でもアリですね。
 ただ、なるほどと思える読みが出てきたらすぐにそちらに乗り換えようと思います。
Posted by i-demo at 2005年04月20日 23:46
PPFVさん

怪我人は少なかったからといって許されるという話ではないでしょう。
少数とはいえ日本に被害が出たわけですから、きちんと謝罪をすればいいだけの話です。
逆に、それさえできれいればここまで日中関係は悪化していなかったはずです。

>シュプレヒコールをあげながら整然と歩く集団

お祭り気分で浮かれながら行進している集団なら見たことありますよ。
その映像を見て、本当に反日感情を持っている中国人は意外と少ないんじゃないかと思いました。
彼らは結局、日常の不満のはけ口を反日に求めているだけではないのかと思えてきました。

しかし、だからといって一部の暴徒の行為を「なかったこと」にはできません。
暴力で自己の主張を果たそうとすることの愚かさを、PPFVさんなら理解していらっしゃるはずだと思っていたのですが。
Posted by まさまさ at 2005年04月21日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

■[日中外相会談]共同研究するのに「歴史認識の共有など不可能だ」はないでしょう
Excerpt: 4月18日付・読売社説 [日中外相会談]「関係改善の責任は中国にある」 (抜粋)「歴史」認識の問題について、中国側は小泉首相の靖国神社参拝、歴史教科書などを問題視した。だが、いずれも、日本の内政..
Weblog: 読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)
Tracked: 2005-04-18 23:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。