2005年04月26日

[人民日報]中日関係の改善には「論より行動」 清華大学教授

噂によると「しんぶん赤旗」や「人民日報」の引用ばかりで『香ばしい』んだそうだ。
『香ばしい』ついでにまたまた引用する。口を開けば『香ばしい』と本人は随分とお気に入りのフレーズらしいが『生臭い』時には『腐臭』さえ漂うこの時代、多少香ばしい香りで『中和』せねばならんのだ(笑)
余談あるいは下らない冗談はこれくらいにして、本題です・・・。

中日関係の改善には「論より行動」 清華大学教授(人民日報2005/4/25)
http://www.people.ne.jp/2005/04/25/jp20050425_49559.html

カギは日本の指導者が何を語ったかではなく、これから何をするかという点にある。



いかに謝罪の言葉を述べたところで、「靖国への公式参拝」は(過去の努力を含めて)すべてを「無」にしてしまいます。

「謝罪」の一方で国会議員、靖国参拝 米紙 小泉首相演説を疑問視(しんぶん赤旗2005/4/24)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-04-24/02_04_0.html
posted by PPFV at 00:38| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

謝罪と靖国参拝
Excerpt:  日中関係の打開を目指して、小泉さんが中国側に村山談話の認識を確認し、事実上再度の謝罪をしました。これは非常に潔く、また、両国の関係を前向きに考えるいい決断で拍手を送りたいと思います。  中国側も町村..
Weblog: インターネット民主主義実験室
Tracked: 2005-04-26 20:44
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。