2005年04月29日

[撫順の奇蹟を受け継ぐML]過去を直視せずに「未来志向」はありえない/受け継ぐ会声明

 かつて戦犯として中国に勾留され、日本へ帰国後は、再び
同じ過ちを繰り返させないと、反戦平和・日中友好を訴えて
きた中国帰還者連絡会(中帰連)の事業と精神をひきつぐ
撫順の奇蹟を受け継ぐ会は、昨今の日中関係の現状について、
バンドンでの日中首脳会談を受け、以下の声明を出しました。

サイト:http://www.tyuukiren.org
日本語:http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/action/050429seimei.htm
中国語:http://www.ne.jp/asahi/tyuukiren/web-site/profile.htm#seimei

kuma@office.email.ne.jp 熊谷 伸一郎 拝 


撫順の奇蹟を受け継ぐ会声明

  過去を直視せずに「未来志向」はありえない

1.相手の声に耳を傾けよ

 現在、日本と中国の関係は、国交正常化以来、もっとも大きな試練に立たされています。
 中国における、いわゆる「反日」デモや不買運動は、中国において民衆レベルで拡がり深まる対日不信の一部にすぎません。同時に、日本においても中国への違和感を感じる市民が増えています。
 こうした状況のなか、今月23日にジャカルタで行なわれた日中首脳会談は、冷え込んだ両国の関係を改善していくうえで、重要な意味を持つはずのものでした。
 しかし、報道などによると、小泉首相は会談の冒頭、「過去の非をあげつらうのではなく、未来に向かって友好関係を発展させることが大切だ」と述べたと伝えられています。
 このように自らの過去の過ちを直視しようとしない姿勢、相手の抗議に正面から向かい合おうとしない姿勢こそ、被害者側の抗議を引き起こしている最大の原因だと私たちは考えます。

2.「村山談話」を免罪符として利用するな

 首脳会談に先立って小泉首相はバンドン会議で演説し、「村山談話」を引用しつつ、「植民地支配と侵略によってとりわけアジア諸国の人々に対して多大な損害と苦痛を与えた」ことについて、「痛切なる反省と心からのおわびの気持ち」を表明しました。
 問題は、小泉首相を始めとする日本の指導的政治家たちが、その「反省とお詫びの気持ち」を実際の行動で示してこなかったところにあります。小泉首相がバンドンでそのように演説したその日、彼の閣僚である麻生総務大臣と80人の国会議員が靖国神社に参拝し、首相の言葉を、まさに行動で裏切っています。これでは、どのような美しい言葉も決して信用されず、たちまち嘘になってしまいます。
「村山談話」は日本政府の免罪符として使われてきましたが、当の村山元首相も、「談話を引用して反省とおわびの姿勢を示すのなら、靖国参拝はただちにやめるべきだ」と指摘しています。
 批判を受けたときには一定の「反省」の言葉を発しはするけれども、すぐにまた無反省な行動を繰り返す日本の為政者達は、アジア諸国をはじめとする世界各国から強い不信感を持たれています。韓国政府は最近、「いったい日本は東北アジア平和勢力として隣国と共存しようという意思があるのだろうかという根本的な疑念を抱かせる」とまで慨嘆しています。
 過去の過ちへの「反省」を口先だけのものに終わらせてはいけません。靖国参拝の中止や戦後補償への誠実な対応など、実際の行動で表すことがなければ、「未来志向」もありえません。

3.侵略戦争を美化する「つくる会」教科書

 私たちは、両国間の不信と猜疑の増幅を画策し、煽っている一部の人間がいることを指摘せざるをえません。彼らは、過去、日本が犯してしまった過ちを認めることができないばかりか、戦争そのものを正当化・美化しています。
 その典型が「新しい歴史教科書をつくる会」です。彼らは、アジア太平洋戦争が日本によるアジア解放の戦争であったかのように記述し、植民地支配や南京大虐殺、従軍慰安婦などの私たちが胸に刻んでおかなければならない歴史的事実を隠しています。
この極右的な教科書を文科省が検定で通過させたことが、今回の日本への抗議行動の大きなきっかけの一つとなっています。いま中国などで起きている抗議運動は「反日」行動ではなく、「反・新しい歴史教科書をつくる会」行動であり、「反・靖国参拝」行動だと認識するべきでしょう。
 この間のすべての問題の根本に、過去の戦争をいかに見るべきかという歴史認識の問題が横たわっています。
 敗戦から60年が経過し、日本では戦争の記憶が「風化」してきているようです。しかし、中国をはじめとするアジアの被害諸国のひとびとの、日本の侵略戦争による被害の記憶は、絶対に「風化」などするものではなく、世代を越えて現在の若い世代にも引き継がれています。韓国や中国の若い世代のそのような気持ちを理解し、アジア諸国に与えた加害への真摯な反省に基づいた歴史認識なくしては、日本はこれからアジアで生きていくことはできません。
 私たちは、日本のすべての地域でこのような教科書を採択せず、前回の採択にひきつづいてゼロ採択に終わらせるよう、多くの心ある人々に呼びかけます。

4.日中両国の友好のために

 私たちは、謝罪するべきは謝罪するという人間として当然のモラルをこの社会に確立していくために努力します。
 それと同時に、中国で日本への抗議運動を行なっている人々に、抗議運動にあたっては理性的に行動するよう呼びかけます。多くの日本人が、過去の過ちを認めるべきだと考える
と同時に、抗議デモのなかで日本の外交施設などへ暴力的な行動があったことを強く遺憾に思っています。
 1950年、撫順戦犯管理所に勾留された1000人の日本人戦犯たちは、中国の人道的で思いやりのある待遇のなかで人間的良心を取り戻し、今日まで半世紀にわたって反戦平和・日中友好の道を歩んできました。この歴史的な経験は日中両国が共同で生み出した財産です。
 私たちはこれら元戦犯たちの精神を受け継ぎ、誠意ある対話と交流のなかで、日中友好の未来を築いていく決意です。

                    撫順の奇蹟を受け継ぐ会

posted by PPFV at 09:32| Comment(19) | TrackBack(2) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かつての中国人による侮日・反日運動が、日本人を硬直化させたことを忘れてしまっているようですね。

反省すべきは中国です。
Posted by むにゅう! at 2005年04月29日 21:28
はじめまして。

早速ですが、とりあえず一つだけ。
扶桑社の教科書が侵略戦争を美化・正当化するものと断言されていますが、具体的にどこをどう美化・正当化しているのでしょうか?

「アジア太平洋戦争が日本によるアジア解放の戦争であったかのように記述」などしていませんが。

植民地支配や南京事件についての記述はありますが。

従軍慰安婦について記述がないのは、存在しないものについて記述する方が歴史の歪曲・捏造です。

あの教科書を極右的と断ずる人に限って、教科書を読んでいないように思いますが如何でしょう?
Posted by つもろ at 2005年04月30日 13:02
こちらのブログでこの団体の存在を知りました。立派な人たちがいるものですね。戦争を語り継ぐ貴重な証言にこれからも耳を傾けたいと思います。
最近中国語でも発信されているとのこと、私は中国語ができないので、こういう交流が実を結ぶといいと思います。
Posted by i-demo at 2005年04月30日 20:52
<strong>277ページ
 日本政府はこの戦争を大東亜戦争と命名した……日本の戦争目的は,自存自衛とアジアを欧米の支配から解放し,そして,「大東亜共栄圏」を建設することであると宣言した。</strong>
Posted by PPFV at 2005年05月01日 02:14
ついでに・・・
驚くべきは次の記述。
276ページ
大東亜戦争(太平洋戦争)
初期の勝利……日本の海軍機動部隊が,ハワイの真珠湾に停泊する米太平洋艦隊を空襲した。艦は次々に沈没し,飛行機も片端から炎上して大戦果をあげた。このことが報道されると,日本国民の気分は一気に高まり,長い日中戦争の陰うつな気分が一変した。第一次世界大戦以降,カをつけてきた日本とアメリカがついに対決することになったのである。/同じ日に,日本の陸軍部隊はマレー半島に上陸し……英軍を撃退しながら,シンガポールを目指し快進撃を行った……わずか70日でシンガポールを陥落させ,ついに日本はイギリスの東南アジア支配を崩した……日本は米・蘭・英軍を破り,結局100日ほどで,大勝利のうちに緒戦を制した。
Posted by PPFV at 2005年05月01日 02:17
>最近中国語でも発信されているとのこと、私は中国語ができないので、こういう交流が実を結ぶといいと思います。

同感です。早速、中国の方からの反応があったようです。
Posted by PPFV at 2005年05月01日 02:21
つもろさん
いい忘れがありました。

>あの教科書を極右的と断ずる人に限って、教科書を読んでいないように思いますが如何でしょう?

読んでいますよ。あなたは読んでいますか?読んでいながらその問題に気づかないとすればそれは読んでいないに等しいでしょう。
この教科書を批判する者を極左的と断ずる人に限って、そういう読み方しか出来ないように思いますがいかがでしょう。

一応、お答えしましたので・・・

>従軍慰安婦について記述がないのは、存在しないものについて記述する方が歴史の歪曲・捏造です。

今度はそちらが、『なかった』という根拠をお答え下さい。
Posted by PPFV at 2005年05月01日 02:35
都合の良いところだけ抜き出すのはいけませんね。

P280 アジア諸国と日本
しかし,大東亜共栄圏のもとでは,日本語教育や神社参拝が強要されたので,現地の人の反発が強まった。また,戦局が悪化し,日本軍によって現地の人々が苛酷な労働に従事させられる場合もしばしばおきた。そして,フィリピンやマレーなどのように,連合軍と結んだ抗日ゲリラ活動がさかんになる地域も出てきた。日本はこれにきびしく対処し,また日本軍によって死傷する人々の数も多数にのぼった。
このため,敗戦後になって,日本は,これらの国々に賠償を行った。そして,大東亜共栄圏の考え方も,日本の戦争やアジアの占領を正当化するためにかかげられたと批判された。
Posted by つもろ at 2005年05月01日 02:38
276ページのその記述は事実を書いてあるだけで、正当化も美化もしてませんが。

ついでにP288
[戦争の悲劇] 戦争では,多くの兵士が命を落とす。しかし,戦争の犠牲者は,武装した兵だけではない。むしろもっとも大きな被害を受けるのは,一般の人々である。非武装の民間人や正式に降伏した捕虜の多くが,生命や財産をうばわれる。また,国際法上禁じられている毒ガスなどの残虐な兵器を使用する国も存在する。これが,戦争の悲惨な現実である。
 これまでの歴史で,戦争をして,非武装の人々に対する殺害や虐待をいっさいおかさなかった国はなく,日本も例外ではない。日本軍も,戦争中に進攻した地域で,捕虜となった敵国の兵士や民間人に対して,不当な殺害や虐待を行った。
 一方,多くの日本の兵士や民間人も犠牲になっている。例えば第二次世界大戦末期,ソ連は満州に侵入し,日本の一般市民の殺害や略奪,暴行をくり返した上,捕虜を含む約60万の日本人をシベリアに連行して,過酷な労働に従事させ,およそ1割を死亡させた。また,アメリカ軍による日本への無差別爆撃や,原爆投下でも,膨大な数の死傷者が出た。

これのどこが侵略戦争の美化・正当化ですか?
Posted by つもろ at 2005年05月01日 02:43
>読んでいますよ。あなたは読んでいますか?読んでいながらその問題に気づかないとすればそれは読んでいないに等しいでしょう。

ということで読んでます。あれを読んで侵略戦争を美化・正当化しているというのは曲解です。

>今度はそちらが、『なかった』という根拠をお答え下さい。

悪魔の証明ですか?
そういうことは、従軍慰安婦が存在するという明確な証拠を示してから言うべきですよ。
Posted by つもろ at 2005年05月01日 02:46
>都合の良いところだけ抜き出すのはいけませんね。

それはそちらのことです。いくらかまともな記述があってあたりまえでしょう。問題とされる記述が散見(かなり)されるから問題なのです。
あなたがご指摘の280ページには次のような記述もあります。

日本は1943(昭和18)年,ビルマ,フィリピンを独立させ,また,自由インド仮政府を承認した。……この地域の代表を東京に集めて大東亜会議を開催した。会議では,各国の自主独立,各国の提携による経済発展,人種差別撤廃をうたう大東亜共同宣言が発せられ,日本の戦争理念が明らかにされた。

これの何が問題か、ご自分でお調べなさい。はっきり言っておきますがこれはイデオロギーなどという問題ではなくて事実認識の問題です。

>悪魔の証明ですか?
>そういうことは、従軍慰安婦が存在するという明確な証拠を示してから言うべきですよ。

この発言を以って、ワンパターンのネトウヨと判断し今後レスしません。
Posted by PPFV at 2005年05月01日 02:53
あ、ついでにこれも。
P283
 第二次世界大戦全体の世界中の戦死者は2200万人,負傷者は3400万人と推定される。第一次世界大戦をはるかに超えた,大惨禍となった。
 戦場となったアジア諸地域の人々にも,大きな損害と苦しみを与えた。特に,中国の兵士や民衆には,日本軍の進攻により,おびただしい犠牲が出た。また,フィリピンやシンガポールなどでも,日本軍によって抗日ゲリラや一般市民に多数の死者が出た。

改めて言いますね。これのどこが侵略戦争の美化・正当化なんですか?
Posted by つもろ at 2005年05月01日 02:55
日本の戦争理念、つまり大義名分というやつですね。先のイラク戦争でアメリカは「イラクが大量に殺戮兵器を持っているので平和のためにたたく」という大義名分を掲げました。実際にはその大義名分は誤情報に基づくものだったことが明らかになりましたね。

当時の日本だって大義名分もなく戦争を起こすわけにはいかなかっただけのことです。大義名分もなく戦争を起こすバカな国はありません。

当時掲げた大義名分が「アジアの解放」であったという事実が、今現在日本が侵略戦争を美化・正当化していることになるんですか?
だとしたら、日本が戦後いくら反省や謝罪したところで意味がないじゃないですか。未来永劫、侵略戦争を美化・正当化していることになってしまう。

つまり、あなたは30年前に万引きし、その後逮捕され、刑罰を受け、罪を償った人が、「30年前に万引きしてつかまったことがあるんだよ。」って言っただけでその人が万引行為を正当化しているとおっしゃるわけですね?
Posted by つもろ at 2005年05月01日 03:05
>この発言を以って、ワンパターンのネトウヨと判断し今後レスしません。

つまり従軍慰安婦の存在を立証できないと。

そして、何が何だろうと日本を悪者であることを疑わず、また自説を正当化するために歴史の歪曲・捏造も厭わず、そのくせ都合の悪いことには口をつぐむサヨの典型というわけですね(笑)
Posted by つもろ at 2005年05月01日 03:11
あ、なんか変なこと書いてしまった(苦笑)

(誤)何が何だろうと日本を悪者であることを疑わず、
(正)何が何だろうと日本が悪者であると信じ込んで、
Posted by つもろ at 2005年05月01日 03:17
あ、これはレスではありません。
もしかして他にごらんの方おられたらいけませんので、参考までに。

>ついでにP288
[戦争の悲劇] 戦争では,多くの兵士が命を落とす。しかし,戦争の犠牲者は,武装した兵だけではない。むしろもっとも大きな被害を受けるのは,一般の人々である。非武装の民間人や正式に降伏した捕虜の多くが,生命や財産をうばわれる。また,国際法上禁じられている毒ガスなどの残虐な兵器を使用する国も存在する。これが,戦争の悲惨な現実である。
 これまでの歴史で,戦争をして,非武装の人々に対する殺害や虐待をいっさいおかさなかった国はなく,日本も例外ではない。日本軍も,戦争中に進攻した地域で,捕虜となった敵国の兵士や民間人に対して,不当な殺害や虐待を行った。
 一方,多くの日本の兵士や民間人も犠牲になっている。例えば第二次世界大戦末期,ソ連は満州に侵入し,日本の一般市民の殺害や略奪,暴行をくり返した上,捕虜を含む約60万の日本人をシベリアに連行して,過酷な労働に従事させ,およそ1割を死亡させた。また,アメリカ軍による日本への無差別爆撃や,原爆投下でも,膨大な数の死傷者が出た。

一生懸命探してきた「まとも」と思われる記述がこれです。『戦争の悲劇』として特に以下の記述など一般化しすぎ。
> これまでの歴史で,戦争をして,非武装の人々に対する殺害や虐待をいっさいおかさなかった国はなく,日本も例外ではない。

一方、ソ連の侵攻に関しては『日本の一般市民の殺害や略奪,暴行をくり返した上,・・・』と語調が明らかに違います。

ちなみに先のコメントであげた

>277ページ
 日本政府はこの戦争を大東亜戦争と命名した……日本の戦争目的は,自存自衛とアジアを欧米の支配から解放し,そして,「大東亜共栄圏」を建設することであると宣言した。

つもろ氏>「アジア太平洋戦争が日本によるアジア解放の戦争であったかのように記述」などしていませんが。

に対して、「ここに書いてまっせ」というだけでなく、明らかに事実に反する記述でもあるのです。
開戦の詔書には「自存自衛」のため、戦争を開始する・・と述べられています。政府声明も同じく。「アジアの開放」と謳ったのは読売新聞12月9日「日本戦争宣言」と題する記事です。

ではでは以上です。
Posted by PPFV at 2005年05月01日 03:23
どうしても日本を悪者にし、戦後日本が反省も謝罪もしていないということにしたいらしいですね。

どうせ答えられないでしょうが、一応書いておきます。

自存自衛にせよ、アジアの解放にせよ、当時戦争を起こすための口実だったという「事実」を教科書に書くことが、戦後から現在に至るまでの間、日本が侵略戦争を美化・正当化していることになるのはなぜですか?

>一生懸命探してきた「まとも」と思われる記述がこれです。『戦争の悲劇』として特に以下の記述など一般化しすぎ。

一生懸命にならなくともすぐ見つかりますよ、あなたが引用した部分は(笑)と言うか、一生懸命探したのは自説を正当化するための理屈では?

他のページもよく読んでごらんなさい。具体的な記述もありますよ。と言っても「日本が侵略戦争を美化・正当化している」と信じ込んで思考停止しているあなたには見つからないのかもしれませんね(笑)

で、従軍慰安婦の存在を立証する証拠・根拠はまだですか?教科書のまともな記述にくらべたら、従軍慰安婦の証拠は簡単でしょうに(笑)
Posted by つもろ at 2005年05月01日 03:40
あまり同じことばかり言わせないように。
はっきり言っておきますがこれはイデオロギーなどという問題ではなくて事実認識の問題です。
いたるところに事実誤認(それも恣意的な)があります。
それが理解できない(理解するつもりもない)ようですので、以降の議論(じゃなくてただのお話)は削除させていただきます。
Posted by PPFV at 2005年05月02日 00:06
真面目にお尋ねしますね(今までも真面目に書いてたんですけど)。

先の戦争の「大義名分」は、日本の自存自衛とアジア解放ですよ、間違いなく。それは詔書にも書かれています。

何度も言いますが、これはあくまでも「大義名分」であって、本当の目的と一致するとは限らないことはおわかりですよね?

当時の状況を考えれば、アジア諸国を日本の統治下に置こうという意図がもちろんあって、侵略戦争となったことは事実でしょう。

最初の方のコメントに書いた「アジア太平洋戦争が日本によるアジア解放の戦争であったかのように記述などしていませんが。」というのは、大義名分のことではないですよ。そのあたりを誤解してませんか?

あくまでも個人的な意見ですが、日本の目的は大義名分通りだと思っています。ただ、あの大義を達成するためにはアジア諸国を統治下に置くことが必要な状況に日本があったと考えています。

なんだかんだ言っても、結局はアジア諸国を侵略しようとしたのを否定しているのではないのですよ。あの教科書も基本的にそういう視点で書かれていると思いますが。

事実誤認をしているのはPPFVさんだと思いますがいかがですか・・・と言っても削除されちゃうのか(笑)
Posted by つもろ at 2005年05月02日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

靖国参拝で、どのように慰霊しているのか?!
Excerpt: 朝生で、司会者が社民党党首に「なぜ、あなたは靖国神社に行かないのか」と質問していたが、そのような質問を声高にする前に、靖国を参拝している政治家に、「あなたは靖国参拝の際、どのような言葉で慰霊をしている..
Weblog: 情報流通促進計画 by ヤメ記者弁護士
Tracked: 2005-04-30 06:28

日本の右傾化ー中央日報より
Excerpt: http://japanese.joins.com/html/2005/0425/20050425204054200.html 中央日報 政治2005/4/25 【日本右傾化】上.もはや妄言に対する謝..
Weblog: ▼milou
Tracked: 2005-05-01 10:01
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。