2005年05月18日

[天木直人メディアを創る]ある読者へのお答え

ある読者へのお答え(天木直人メディアを創る2005/5/18)
http://amaki.cc/bn/Fx.exe?Parm=ns0040!NSWhats&Init=CALL&SYSKEY=0025
おおいにうなずかされる。時間は無駄にしたくないものだ。
《一部抜粋》

読者の一人から次のようなコメントを頂きました。最近の私の書いたものを読んでいると、自分の考え方と同じ考え方をする人とそうでない人とを単純に区別し、自分と異なる考え方をする人について激しく批判する傾向が強まっている、それはいただけない、とするものです。
おそらく同様の思いを抱いている読者もおられる事でしょう。しかしそのような方は、私が何故一人でHPをつくって書き続けているかの趣旨を理解されていない方だと思います。ここで改めて私の考えを述べさせていただきます。
私が、返り血を浴びることを覚悟の上で、全人格を投影して「メディアを創る」を書き続けているのは、勿論明確な目的意識があります。それは権力者や強者に対する批判です。一般の人や弱者がどのような不正や間違いを犯そうとも、あるいはどの様な考え方をしようともそれは私の関与するところではありません。私も彼らと同じように間違いを犯す人間であり、また彼らも私と同じように表現の自由、行動の自由があるからです。すなわち彼らと私は国民、市民、一般人という立場でまったく同等であるわけです。
しかし権力者、為政者、強者の場合はそうではありません。彼らの言動が我々国民の生活や運命に多大の影響を与える以上、そして強者であるがゆえにそうでない者に対して絶対的に優位に立っている以上、彼らの言動は、本質的に、常に批判的な立場から監視されなければならないのです。それが権力を持っているもの、強い立場にあるものが甘受しなければならない、最低限の対価です。
世の中には、いじめられたり不当な扱いを受けても、それを怒りに変えて表したり、行動をとりたくても取れない人、取る手段を持つことの出来ない人が大勢いると思います。なき寝入りしてしまう人が大勢いると思います。私は少なくとも抵抗する気力はある。発言し表現する意思がある。私が自分の能力の限りを尽くして書き続けるこのHPの発信が、そのような声なき声を代弁できるものであるとすれば、私が毎日書き続ける意味がある。そう思って書いています。何時まで書き続けていくことが出来るかわかりませんが、支援してくれる読者がいる限り書き続けたいと思っています。

posted by PPFV at 20:50| 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。