2005年05月26日

中国副首相帰国問題

日中関係 ああ、なんと不毛な(朝日新聞社説2005/5/25)
http://www.asahi.com/paper/editorial20050525.html

日中関係 対話の継続が大切だ(東京新聞社説2005/5/25)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20050525/col_____sha_____003.shtml

特に問題と思われる4月のジャカルタ会談以降の小泉首相の言動については一切の言及なしに

 それにしても会談中止は残念だ。胡錦濤主席は先月、インドネシアのジャカルタで小泉首相と会談し、日中関係発展のための五項目提案をした。その中の一つにこうある。
 「対話と対等な交渉を通じ、中日間の対立点を適切に処理する姿勢を貫き、対立点を解決する方法を模索し、中日友好という大局が新たな障害や衝撃を受けないようにしなければならない」


とまで引用しながら

 まったくその通りだが、会談キャンセルは自ら対話の道を塞(ふさ)ぐことになる。対立は対話を積み重ねることによってのみ解決できる。


とはいささかすっきりしない論評です。

中国副首相帰国:関係抜本改善へ、中国側の「最後通告」(毎日新聞2005/5/24)
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20050525k0000m030122000c.html

いっそこの問題は、これを機に大いに盛り上がってもらい、広く日本国民の関心を惹いてほしいと思っていましたが、「これはヤバイ」と思ったのか、「生産的でない」との理由で応酬は避ける意向だそうです。今後は是非とも「生産的な」態度で臨んでいただきたいものです。

中国:呉副首相の緊急帰国 非難の応酬「非生産的」 官房長官、コメント控える(毎日新聞2005/5/25)
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20050525dde001030012000c.html

中国副首相帰国:政府、非難の応酬避ける方針明確に(毎日新聞2005/5/25)
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20050526k0000m010115000c.html
posted by PPFV at 01:14| Comment(6) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小泉首相の発言に抗議するのなら、会談の場で堂々と言うべきだったと思います。

対話もせず、対立点を解決するどころか対立を煽ろうとする呉副首相は、不誠実としか言いようがありません。
Posted by まさまさ at 2005年05月27日 00:58
どんどんこじれてきた感じですね。
この中国の副首相は、非常にプラグマティックなリアリストで、反日問題と新幹線の関係は、というようなことを聞かれると、経済問題はそういうこととは関係ない、入札でやればよい、とドライに答えたそうです。ある意味で日本の味方だった人まで怒らせるというのは、すごい事態です。
 先日の北朝鮮遺骨問題で日本政府の無能さが白日の下に曝された感じがありますが、いつまでもこの政府に外交を任せている限り、「日本政府と日本人民は区別して考える」と、海外から理性的な評価を受けてきたことにも限界があるかもしれませんね。
Posted by i-demo at 2005年05月28日 00:45
i-demoさん

>この中国の副首相は、非常にプラグマティックなリアリストで

改めて考えてみれば、そんな気もしてきました。
小泉首相の靖国発言を口実に日本に揺さぶりをかけて、東シナ海の資源問題で譲歩を迫るという戦略なのかもしれませんね。

不誠実というよりも、したたかな人物だと言った方がいいのかもしれません。
Posted by まさまさ at 2005年05月28日 01:48
PPFVさん
お久しぶりです。今回のこの問題、表面的には中国が礼を欠いたように見えますが、真相はどうなのでしょう。
呉副首相会談キャンセルの政治 − 安倍晋三と町村信孝の謀略
http://critic.exblog.jp/2794965#2794965_1
という指摘も見受けました。森岡発言もそうですが、すでに日本の政治は謀略が公然と横行し、それをマスコミがサポートし、それに国民が騙される戦前のようなものになっているのかもしれません。ご参考までに。
Posted by SIERRA at 2005年05月30日 09:10
SIERRAさん
まことにお久しぶりです。コメントありがとうございます。
ご紹介のエントリー興味深く拝見いたしました。
もはや確信犯としか思えない発言の数々を見るにつけ、ご指摘に説得力を感じます。
Posted by PPFV at 2005年05月30日 23:41
リンク先、私も読みました。参考になりますね。ご紹介ありがとうございました。
ますます日本の政治家の戦略のなさ、レベルが数段低い政治家しか選べない日本の貧困を感じました。これは国民のレベルを反映しているでしょうから、しょうがないことなのでしょうね。
Posted by i-demo at 2005年05月31日 20:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

■[歴史教育問題]読売社説は話題の教科書も読まずに書かれたのかな??
Excerpt: 5月26日付・読売社説 [歴史教育問題]「教科書も読まずに批判するとは」 日本の歴史教科書のいったいどこに問題があるのか。そんな疑問がわいてくる。  中国の胡錦濤国家主席は、訪中した自民党の武部幹事長..
Weblog: 読売新聞の社説はどうなの・・2 (2005年度版)
Tracked: 2005-05-27 01:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。