2005年07月12日

[朝日新聞]慰安婦発言支持のメール、中山文科相「感銘受けた」

慰安婦発言支持のメール、中山文科相「感銘受けた」(朝日新聞2005/7/11)
http://www.asahi.com/special/050410/TKY200507110015.html

『カナダの大学院で学ぶ20代の女性からのメール』なんだそうだ。にわかに信じがたい内容だが、ホントなら一言申し上げたい。

「戦地にある不安定な男の心をなだめ、一定の休息と秩序をもたらした存在と考えれば、プライドを持って取り組むことが出来る職業だったという言い方も出来る」

そんな立派なご意見お持ちなら、「カナダ」などでのんびり留学などしている場合ではない。今すぐにでも「サマワ」へ『慰安』に出向かれてはいかがか。
(とはいえ強制的に行かされるわけではないし、自国を侵略した国の軍隊の「慰安」ではないという意味ではこれでも雲泥の差がある)
頭のどこをどう捻ればこのような暢気な発言が出来るのか全く理解不能だ。
こんなメールを引き合いに出す中山文科相についてはコメントなし。

また、こんなトラックバックもいただいた。
賛!!中山成彬文部科学相
http://manabi2005.blog14.fc2.com/blog-entry-11.html

「単なる商行為」との主張の根拠が定かでないが、残念ながら、全くもって賛同できない。
勉強熱心な方と推察するので、(長文だが)こちらのサイトをぜひ一読されることをお勧めする。

従軍慰安婦問題に関する自由主義史観からの批判を検証する
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/shiraisi.html#3
posted by PPFV at 23:59| Comment(9) | TrackBack(8) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PPFVさんが紹介されたリンク先を読みました。

公文書や軍関係者の証言など、多角的に検証されていますね。
リンク先を読むと、慰安婦の多くは業者に騙されて連れて来られ、借金を背負わされて働かされていることが推察できます。
これは管理売春そのものであり、日本の貧しい農家の娘たちが売春宿に身売りされたのと非常に似ています。

このような状況で、慰安婦がプライドを持って取り組むことができる職業なのか疑問です。
Posted by まさまさ at 2005年07月13日 01:27
 レッテルは、貼られる側に100%責任があります。

 レッテルは「貼られる者」「貼る者」「貼られたレッテルを見る者」の三者によって構成され、「貼る者」と「読む者」の間で情報が共有される点において、この二者は社会としての力を持ち得ます。
 レッテルを貼られる者とは、社会の前に己の欠陥をさらけ出した者のことですが、普通は全力でこれをはがすことで「見る者」との間に社会を築き、その力でもってレッテルの誤謬を証明します。
 従って、レッテルは貼る側の責任だと考える者は、レッテルに訂正を加える可能性を放棄すると同時に、「見る者」との社会を築く能力さえ持たないことを証明することになり、ますますレッテルの正しさを補強します。

 私達はこうした者を、「チョン」とレッテルづけると同時に踏みつけます
Posted by 差別主義者発見しました at 2005年07月13日 07:05
TBを送らせていただきました。
二日ぐらいは何も書かずにボーっとしていたかったのに(笑)
↑のコメントは、「いじめはいじめられるほうに責任がある」という論理と同じですね。
わざと怒らせようとしているんだろうか。
Posted by 主義者Y at 2005年07月13日 13:41
>「単なる商行為」との主張の根拠が定かでないが、残念ながら、全くもって賛同できない。

だから客観的証拠を出してごらんなさいとあれほど言っているでしょう、PPFVさん。

あなたが提示しているリンク先を拝見したけれど、従軍慰安婦の存在や軍による強制連行を証明するどころか、逆にそれらを否定し、悪徳業者が女性達を騙すなどして、慰安婦として働かせたとしか読めないわけですが(w
Posted by つもろ at 2005年07月13日 18:59
「屁理屈と膏薬はどこにでも貼れる」ということわざが好きで良く使っていた人がいました。これをもっと直接的に言えば、「解釈はどうとでも出来る」という感じでしょうか。

解釈はどうにでも出来るので、解釈だけでその主張の正しさが確定するわけではありません。正しさを証明するには、実験あるいは実践が必要だと思います。

まさに、おっしゃるとおり、自分の解釈が正しいと主張するのなら、自分でプライドある職業に身を捧げるべきでしょうね。そして、その職業がいかにプライド高いものであるかを実践しなければ、誰もその主張を信じないと思います。

それから、ここにも<レッテル貼り>のコメントがあるのですね。意味不明の非論理的なコメントが、全く関連性のないエントリーに対して、同じ文面が張られていくというのは面白い現象だなと思います。
Posted by at 2005年07月13日 23:18
初めまして、本当に昨今の政治家達の歴史認識の無さには呆れ帰ります。自分がどのような立場の人間か、きちんとわきまえた上で、常識のある行動をして頂きたいものです。
Posted by トンデモ政治家 at 2005年07月14日 06:30
■いますね、こういう女の子

 弁が立って、それなりに美人で、そして日本軍万歳。男がこれやると「キモイ」の一言で片付けられるのが、才媛タイプが爽やかにやるもんだから……。
 メンタリティの部分で男っぽいので、やたらプライドが高くて人の話を聞かないのですが。
 小さい時から男と競争するばかりの中で、エリート男のメンタリティが身に着いたのではないかと。議論するより、さっさと抱いたほうがいいです。

人生アウト (2005-07-15 01:35:10)

■女の子にかばってもらう中山

 日本人は女性より男性のほうがシャイ(だから男は「ネット上で」勇ましくなる)なものだから、中山や町村のように陰湿になるようですが。
 女性の場合、相手の反論におびえずに発言できたり、文章能力が高かったりする人も多いぶん、今回のようなことも起こるのでないかと。
 これが「カナダの大学院で学ぶ20代の日本人男性から届いたというメール」なら、とても読むに耐えない怨念まみれの怪文書が飛び出していたろうな、と。

 中山の場合、自分が矢面に立つのが嫌だから他人のメールに口を借りるあたり、相当キモチワルイ……というか、「20代の日本人女性」よりも臆病であることを露呈したわけですが。

人生アウト (2005-07-15 02:33:39)
Posted by 差別主義者晒し at 2005年07月15日 06:17
↑「差別主義者…」というネームの人は、「差別主義者」というレッテル貼りをする自分は正しくて、中山はくずだ、あるいは他のコメントを書いた人はアホだ、といいたいのか、趣意が不明です。
 ところで、何で日本軍は悪徳業者を出入り禁止にしなかったんんだろう。賄賂をもらっていたから公文書に書けなかった?
 シベリア抑留も当事者の被害証言だけで、公式文書で当時のソ連の意図を証明した客観的証拠はない、なんてロシアの人は言っているのかな。向こうの「普通の一般市民様」は言いそうだな。
Posted by ryuukou-okure at 2005年07月15日 10:56
主義者Yさん、
TBありがとうございました。

>二日ぐらいは何も書かずにボーっとしていたかったのに(笑)

やはりこの件に関しては黙っていられない!ですね。私も「むかつき」ました。

秀さん、
コメントありがとうございます。
「サマワに出向かれてはいかがか」というコメントは私もそれなりに抵抗もありましたが、「怒り」をもって書きました。もう一つはこのメール自体の信憑性を疑っているということもありますが。

もう一点、気になるのは

>「戦地にある不安定な男の心をなだめ、一定の休息と秩序をもたらした存在と考えれば、」

このことが、「秩序」をもたらした・・・どんな「混乱」があったのでしょうね。
弁護しているつもりが思わず「本当のところ」を露呈してしまうという。

トンデモ政治家さん、
コメントありがとうございます。
TB送れないのが残念ですが、どうぞ宜しく。
Posted by PPFV at 2005年07月15日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

慰安婦発言支持ってなぁ・・
Excerpt: 中山文科相が「従軍慰安婦」って言葉がなかっただのなんだのって発言してバッシング受けたけど・・その発言を支持するってメールが届いたって講演会で言ったらしい。 当時、そゆう言葉がなかったにしてもやったコト..
Weblog: RESTART
Tracked: 2005-07-13 01:20

応援メールに代弁してもらう政治家 中山文科相
Excerpt: 反動政治家の歴史修正主義発言を取り上げるときりがないが、これはとりわけ根性が腐っている。不快を表明するだけのエントリーはなるべく書きたくないけれど。 戦中は「従軍慰安婦」という言葉ない 文科相、発言..
Weblog: ++つぶやき手帳++
Tracked: 2005-07-13 13:27

賛!!中山成彬文部科学相
Excerpt: 文科相、「従軍慰安婦はなかった言葉」とのメール紹介中山成彬文部科学相は10日、福岡市内で講演し、「従軍慰安婦」という言葉が戦時中はなかったことを強調する支援者からのメールを約10分間にわたって読み上げ..
Weblog: 為せば成る、為さねば成らぬ何事も・・・30代からの大学挑戦 
Tracked: 2005-07-13 15:28

従軍慰安婦を無かったという人間達
Excerpt: まったく、最近はアホ政治家の妄言ネタが少ないので、しばらく書きこむのを止めていたが、先日、従軍慰安婦についての妄言をしたばっかりの中山は相変わらず、反省する気などないようだな。これでは、周辺諸国の信頼..
Weblog: トンデモ思想、発言を討て!
Tracked: 2005-07-14 06:22

回想記に慰安所の設置に関与していたことを明らかにしている中曽根康弘氏(3)
Excerpt:  「戦地にある不安定な男の心をなだめ、一定の休息と秩序をもたらした存在と考えれば、プライドを持って取り組むことが出来る職業だったという言い方も出来る」という慰安婦発言支持のメールに中山文科相が「感銘受..
Weblog: 花のニッパチ、心のままに
Tracked: 2005-07-17 00:16

回想記に慰安所の設置に関与していたことを明らかにしている中曽根康弘氏(2)
Excerpt:  更に、同じ検索ページの3つ上には、慰安婦問題とは─吉見義明教授記事もあった。  そこには、次のように書かれてあった。  「──慰安所の始まりと経過。 ▼  現存する資料では、1932年上海で..
Weblog: 花のニッパチ、心のままに
Tracked: 2005-07-17 00:34

回想記に慰安所の設置に関与していたことを明らかにしている中曽根康弘氏
Excerpt:  Googleで「慰安婦」と「中曽根」で検索していたら、中曽根康弘氏が自らの回想記に慰安所の設置に関与していたことを明らかにしている記事を見つけたので、引用しておきたい。  →<a href="http://www.asahi-net.or.jp/~pb6m-ogr/ans020.htm" target="_blank">(人権)の答え・・・回想..</a>
Weblog: 花のニッパチ、心のままに
Tracked: 2005-07-17 00:35

アメブロ納涼祭り
Excerpt: 日常にあふれる怖い話を記事にする、 それがアメブロ納涼祭り。(勝手に解釈) いろいろ話を作っちゃったりしていたのですが、 祟りが恐ろしかったところ、供養所をfebriceさんが 設けてくださいました..
Weblog: 絵ロ具。
Tracked: 2005-07-19 23:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。