2005年09月19日

[森田実の時代を斬る]早くも始まった“小泉個人崇拝”の大宣伝――小泉首相を神格化する愚劣な行為はやめなさい

2005.9.17(その1)
2005年森田実政治日誌[345]
早くも始まった“小泉個人崇拝”の大宣伝――小泉首相を神格化する愚劣な行為はやめなさい
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/

[昨日の[政治日誌]で民主党代表選について書いたが、小泉首相の大物ブレーンS氏はこういっていた。「前原がいい。民主党は前原などは松下政経塾出身者でやるのがよい。前原はわれわれに近い」。前原氏は小泉派から仲間と見られている民主党の政治家なのである。民主党の諸君、もう遅いかもしれないが、「ミニ小泉」のような前原誠司氏を代表に選ぶようなことだけはやめてほしい。前原氏は米国と小泉首相の側から支持されている米国寄りの政治家なのだ。民主党は今は菅直人代表で進む以外に道はないと思う。]


共産党が民主党に選挙協力などできるはずがないことは明白だ。
とにかく政権交代すればいいというものではないのである。


posted by PPFV at 23:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

前原語録と『高校生からわかる 日本国憲法の論点』
Excerpt:  「われわれは憲法改正は必要だという立場だ。その中には9条も含まれている。私の従来の意見は9条2項を削除して自衛権を明記するものだ。」  これは、民主党の新しい代表である前原誠司の代表就任記者会見で..
Weblog: 花のニッパチ、心のままに
Tracked: 2005-09-20 23:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。