2006年01月31日

[毎日新聞]発信箱:どのツラ下げて・・・

キャファ通信http://www.kijafa.comで紹介されていた記事である。
わずかながらマスメディアにも光を見る思いがする。
願わくばコラムではなく記事でその気概を見せて欲しいものだ。
朝日新聞は最近のCMで『ジャーナリスト宣言』http://www.asahi.com/information/を謳っている。
『ジャーナリスト』でなかったら今まで何やったん?と突っ込みたくもなる。


発信箱:どのツラ下げて…=山田孝男(毎日新聞2006/1/30)
http://www.mainichi-msn.co.jp/eye/hassinbako/archive/news/2006/01/20060130ddm002070087000c.html

 毎日新聞西部本社(北九州市)が発行した1945年8月16日付朝刊は1面の一部と2面が真っ白だった。当時の新聞は表裏2ページしかない。前日まで焦土決戦をあおった揚げ句、「国民も今日から転換するのだなどと、どのツラ下げて言えた義理か」という高杉孝二郎編集局長の判断で終戦勅語と行政告示しか載せなかった。彼はまもなく社を去った(毎日新聞130年史)。

 検察の尻馬に乗った鈴木宗男バッシングを競いながら、今や彼を評論家としてもてはやすメディア。前日までホリエモンをもてはやしながら、検察次第で怒とうの堀江たたきに走るメディア。むかし軍部追従、いま検察追従で、変わらぬものといえば俗論迎合の卑しさしかないおまえが、どのツラ下げて明日を語り、針路を説くのか。そう感じている読者が少なくないと思う。

 小泉純一郎首相はホリエモン選挙に肩入れした責任を問われて「批判は甘んじて受けるが、メディアはどうなのか」と切り返した。「新聞批判は甘んじて受けるが、テレビ、週刊誌こそ」と言ってしまいがちな私どもと似ている。

 いまや政治に対する観察者、批判者であるという以上に、政治権力を生み出す装置となった感のあるメディア。その無節操な暴走癖、過剰な存在感・圧迫感と加害性を省みず、「悪いのはオレではない」と逃げ腰の醜さが読者の失望を誘っているようだ。どうにも旗色が悪いが、毎日新聞は署名記事を原則にしている。だから許せとは言わない。白紙の新聞を出す予定はないが、それを出した先達の存在を肝に銘じて進みたい。(編集局)

毎日新聞 2006年1月30日 東京朝刊



posted by PPFV at 14:58| Comment(0) | TrackBack(4) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

子は親の鏡
Excerpt:  夜の散歩から帰宅した妻が真っ先に入浴することになった。子ども達は録画していたア
Weblog: アッテンボロー
Tracked: 2006-02-01 21:09

敗れる前に目覚めよ
Excerpt:  「進歩のない者は決して勝たない。負けて目覚めることが最上の道だ。日本は進歩ということを軽んじすぎた。…本当の進歩を忘れていた。敗れて目覚める、それ以外に日本がどうして救われるか。今目覚めずしていつ救..
Weblog: endeの日記
Tracked: 2006-02-06 01:48

見ましたか、朝日の唐突な1月25日の127周年創刊記念日からの「ジャーナリスト宣言。」キャンペーン(笑)
Excerpt:  130周年とかでなく127周年とはなんとも中途半端である。そこにも朝日の危機感
Weblog: 雑談日記(徒然なるままに、。)
Tracked: 2006-02-07 20:36

建国記念日は阿含宗の星祭☆朝日新聞の宣伝読んでる暇があったら京都へ行こう!
Excerpt: <font size=3>朝日新聞の広告を最近よく目にする。これだ。 <font size=5 color= purple> 言葉は身勝手で、感情的で、残酷で、ときに無力だ。..
Weblog: 松尾光太郎 de 海馬之玄関BLOG
Tracked: 2006-02-12 05:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。