2006年04月01日

[東京新聞]政府が執着 『共謀罪』とは

なぜかマスコミはあまり取り上げませんね、共謀罪。
「メール問題」はもういいのではないでしょうか。
マスコミは触れたがらず、政府は執着する、俄然違和感ありますね。

政府が執着 『共謀罪』とは(東京新聞特報2006/3/31)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20060331/mng_____tokuho__000.shtml

 実際に罪を犯さなくても、話し合っただけで罪に問われる「共謀罪」。二度の廃案を経て、昨年十月の特別国会に再々提出されたが、成立を断念し、継続審議中だ。与党は二月、修正案を民主党に示し、今国会成立に意欲をみせる。政府・与党がここまで執着する「共謀罪」って何なのか。


キョウボウザイ(共謀罪)って…なんだ?
http://kyobo.syuriken.jp/


posted by PPFV at 18:17| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

共謀罪について考える
Excerpt: 東京新聞・特報<政府が執着『共謀罪』とは>は面白い内容でした。東京新聞、頑張ってますね!== ここから転載 ====================実際に罪を犯さなくても、話し合っただけで罪に問わ..
Weblog: ザ・のじじズム
Tracked: 2006-04-02 04:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。