2010年09月01日

救世主オザワ

「民主党が政権とれば日本の政治は変わる」と大いに盛り上がっていた人たちにあきれつつ、いっそ民主党が政権とってしまえば「国民の生活が第一」なんて嘘っぱちなのはすぐバレるだろうと思っていたましたが、何のことはない悪いのは菅なのだからして、いよいよ救世主小沢くんの登場である・・とまたしても一部では盛り上がっているようです。
菅くん一身に民主党の泥をかぶって、これもある意味救世主です。
でもこの分だと小沢くんの化けの皮が剥がれても「やっぱり民主党はダメだ」ということにはなりそうもありませんね。さらに救世主を追い求めるのでしょうか。でもそうこうしているうちにまた民主党は本質はそのままに姿を変えるのかもしれません。
もっとも幸いにしてようやく民主党のダメさに気付いても、「みんなの党」にからめ取られているようでは目もあてられません。


posted by PPFV at 21:49| パリ | Comment(4) | TrackBack(0) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マガジン9条が酷いのは社民党系だからオッケー、ということで片付けるとしても。

五十嵐仁センセイはどうしたもんですかね。どこぞのミラーマンの電波か何かの影響か。

山口さんちの二郎くん、この頃少し変よ〜♪
間違えた。あれはツトムくんだった。それに二郎くんはずっと前からとても変。

五十嵐さんちの仁くん、この頃少し変よ〜♪
昨年の衆院選の前くらいからかなぁ。

以前自分が何を書いていたかくらい、ふり返って見たらいいものを。とりあえずは、ほんの3ヶ月くらい前の話だというのに。ねぇ・・・。
Posted by latter_autumn at 2010年09月02日 18:59
山口二郎氏8/15にいわく

>しかし、民主党の主だった政治家が九月に本気で代表選挙をするなどということは、常識ではありえない。

たかだか二週間先の予想も見事にはずれました。民主党は非常識だったようです。政権交代至上論しかり、政治をいくら「大局的風」に語ってもアカンのです。
Posted by PPFV at 2010年09月03日 15:47
五十嵐先生の場合は菅さんも酷いし、小沢さんも酷いけど、自民党に政権復帰されたり、みんなの党にデカイ顔されても嫌だし、共産が今すぐ政権というわけにも行かないし、まあセカンドベストというか、大甘で小沢さんかなあ?。安倍さんに辞めろと言った癖に参院選で負けた人が続投するのもどうかと思うし未だに消費税増税を公然と語るって菅さんはトンチンカンすぎだろ。
小沢さんでも菅さんでもないまともな人がいるのであればいいのに
という感じだと思うので、山口氏ほど腹は立ちませんけどね(甘い?)
あるいは、小沢さんが首相になれば、疑惑追及で国会で共産の見せ場が出来るかも知れないという企み?(深読みのしすぎ?)
Posted by bogus-simotukare at 2010年09月04日 16:24
「この両者の争いについて、ドッチもドッチで国民不在の不毛な争いだと言う人がいます。誠に無責任な論評だと言わざるを得ないでしょう。」

センセイのこの件にはかなり頭に来ましたよ。
PPFVさんやこれお・ぷてらさんは無責任なのか。って、そんなアホな。

無責任なのはセンセイでしょ。
自分の論評が外れまくりなのを棚に上げて、よくもまあ・・・。
「もうお前はブログをやめろよ」という気もしますね、50%くらい。
Posted by latter_autumn at 2010年09月06日 19:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。