2010年12月14日

これが待ちに待った「新しい政治」なのか

法人税:5%引き下げ 菅首相指示(毎日新聞2010/12/13)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101214k0000m020103000c.html

民主党、ようやく何かやったと思ったらこれだ。
これでまた少なくとも5000億の負担がわれわれにのしかかる。
「民主党を支持せよ」と言い「すべては政権交代のために」と民主党批判を封じ込めようとした人々に聞きたい。
これがあなたたちの待ち望んだ新しい政治か。
とりあえずくそくらえである。


posted by PPFV at 11:39| パリ | Comment(2) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>米国は基本的にはひとつの党しかない状態であると、しばしば政治学者によって指摘されてきました。すなわち、民主党と共和党という2つの派閥をもつ財界政党であるということです。
(ノーム・チョムスキーへのインタビュー)
http://www42.tok2.com/home/ieas/interview040102jew040322hate.htm

何年か前にこれを読んだのですが、日本の自民、民主も似たようなものじゃないかと思っていました。やっぱね...
Posted by ジンライム at 2010年12月15日 14:38
在日米軍への思いやり予算を、米側からの要求で今後5年間、現行水準を維持することで合意した。中期防衛力整備計画にもこの趣旨を書き込むそうな。しかも、米軍住宅の太陽光発電などの環境対策費などは増額だと。
法人税の引き下げの理由には、雇用機会を増やすこともあるそうな。
アメリカや財界へのサービスを、こんな理由でやろうなんて、姑息というか、人をバカにしてるよね。環境対策と雇用さえ持ち出せば良いってもんじゃないぜ。マッタク。
Posted by 梁骨太 at 2010年12月15日 20:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。