2011年06月13日

被災地のために、今一番優先すべき行動は脱原発を訴えること?

それにしても、なんで「サヨクチックな人たち」というのはこうも性急に変革を求めたがるんだろう。性急がゆえにその変革の本質までには目が届かないのも、知らず知らずに誰かを傷つけていることにも気づかないのも、ヘタをすると自分の首さえ締めつけかねないことに気づかないのも、どれもいつもの悪い癖ですね。
脱原発世論はいくら盛り上がっても、昔から脱原発を掲げる政党は相変わらず盛り上がりません。たまに勘違いした人が「瑞穂ちゃんカワイイ」とかなんとか言う程度のことで。
「そんな悠長なことを言っている場合ではない。こうしている間にも苦しんでいるものがいる。とにかく変えることが先だ。話はそれからだ。」みたいな話は過去に何度も聞きましたが、いつもやっていることはチグハグです。とにかく「菅辞めろ」、とにかく「原発やめろ」といった言葉ばかりが聞こえてきますが、ゴタゴタした政局同様、どうにもピンときません。
福島の事故を横目に今後の自国の原発行政を占おうとする諸外国と違って、残念ながら当事国である日本はその前に片付けなければならない喫緊の問題があって、悠長なこと言っている場合ではないことは、その通りです。まずは「被災者の生活支援」「被災地の生活インフラ、産業インフラの復旧」、福島原発周辺地域について言えば「原発の放射性物質放出を止めること(まずこれがなければ復旧の道筋さえ見えてきません)」を最優先になされるべきであると思うのですが遅々として進みません。まずそれらを強力に推し進めるよう政府に求めるようなデモであれば私も大いに賛同できるわけですが。
そしてその後に「脱原発」を訴えるなり議論した方がずっと冷静に日本の将来を見据えた実のある議論ができるのではないかと思いますけどね。まさか原発が大変なことになってる今こそ「脱原発」を訴える絶好機(旬)だなどと不謹慎なことを考えている人はいないと思いますから。

posted by PPFV at 21:02| パリ ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。

私は原発容認派なのですが。

反原発・脱原発派のフィーバーというかヒステリーにはうんざりしています。
非科学的。全体主義的。はぁ・・・。

共産党までそのヒステリーにかぶれてきてるようで。
科学的社会主義はやめたんですかねぇ・・・。
Posted by latter_autumn at 2011年06月14日 18:27
お久しぶりでーす。

共産党も原発頭、ヒステリーなのかも知れませんね。独、伊に続け〜って、何ですのあれ、小池さん。

私、今ドン引き状態です。
Posted by 木綿 at 2011年06月14日 20:06
latter_autumnさん、コメントありがとうございます。

こちらこそごぶさたしています。

「ひとつになろう日本」を見事に実践している感じです。ただし被災地そっちのけで。
残念ながら脱原発の主張には弱者への視線が感じられません。
共産党は路線変更したんですかね。これもまた残念なことです。
Posted by PPFV at 2011年06月15日 00:52
木綿さん、コメントありがとうございます。

某所では「日独伊三国同盟」などという話もでていますが。脱原発による我慢を甘受するといっても、甘受するものの立場によってその影響は大きな違いがあるはずですが、そういうことに思いが及ばないほどに、放射線の恐怖は大きいようです。
Posted by PPFV at 2011年06月15日 00:59
お久しぶりです。
TBありがとうございます。
今の反原発の盛り上がりになんとなく乗れない自分はどうしたもんだろう、と思っていましたがエントリーを拝読し同じ感覚の方がいてほっとしています。
とはいえ、このまま次の天災がおきて別の原発が福島と同様の自体になればさらにお手上げとなるということもあり、復興と原発停止は並行して行われるべき、とも思いますし、、、なかなか難しいところです。
急な原発全廃によって社会的弱者が棄てられる可能性は高いと思います。従来の社会的弱者のみではなく、天災で社会的弱者になってしまった被災者、そして原発全廃によって社会的弱者になるだろう失業者、、、、どうもノリだけで脱原発というのも、無責任かなぁ、と感じます。
Posted by 毒多 at 2011年06月15日 05:33
こんにちは。今エントリーに同意します。
某オルタナティブ政治経済掲示板にある「原発スレ」では、地震以降「原発賛成派=差別主義者」とか「反原発=反差別」なんて図式が普通に語られていて、安易なレッテル貼りは止めた方がいいとたしなめたら、原発推進者にされてしまいました。私自身は地震以前から反対していたのですが…
どうも原発反対を主張する一部の意見は、「正義は我にあり」みたいな感じがして鼻持ちならないものが多いです。原水禁運動もこのような雰囲気の中で失敗して言ったのではないか、と思っています。
Posted by はぬる at 2011年06月15日 10:32
もともと共産党は「原子力の平和利用は容認」という立場だったはずですが。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-06-30/00_01.html#Anchor-57932

いつの間に変わったのやら?
(「いや、変わっていない」とでも言うんでしょうか?、いずれにしても理解に苦しみます。)

http://www.jcp.or.jp/seisaku/2011/20110517_daishinsai_genpatsu.html

「技術は未完成」とか言うなら、太陽や風力等の自然エネルギーだって当てはまることだし。
危険性、事故が発生して被害が出る可能性を考えるなら、自動車や飛行機だって当てはまることだし。
大地震と大津波の危険性のない「安全な土地」とよべる場所は存在しないのなら、化学プラントなんかも期限を切っていずれは全廃せねばならんのか?、と。
「放射性廃棄物の処理方法がまったく確立していない」云々に至っては、事実誤認じゃないのかと(実際は、ある程度確立しているのですがね)。

ハルマゲドン的「危険神話」?
脱原発真理教?
ついていけんですな。

>弱者への視線

放射能関連のデマ情報が風評被害を煽るとか、電力不足の影響で熱中症患者が増えるとか、失業者も増えるとか、「一切お構いなし」ってな感じですかね。
Posted by latter_autumn at 2011年06月15日 19:02
「昔っから一環して危険性を言い続けてきたのに、こんな大事故おこしてからに。ほらみてみろもう、知らんぜよ」つってちゃぶ台ひっくり返すのってどうなんでしょうか?

技術は未熟で、危険性を言い続けてきらなら、最後まで言い続けてくださいよね。安全に安定供給できるように。弱者救済の党ならば。

安全対策がでたらめだったことが、明白になったんですから。

Posted by 木綿 at 2011年06月15日 20:30
はぬるさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます。

これから原発始めようとしてる国がやっぱり止めとこうというのとは訳が違いますからね。すくなくとも50年近く原発運用を続けてきているわけですから、脱原発ですっきり終わりというわけにはいかないはずです。また今回の事故で行うべき安全対策はまだまだ山ほどあるということもわかりましたし、裏を返せば安全性を高める方策がまだまだあるということでもあります。
でも、こんなことを言うとまた「原発推進者」ということになるんでしょうけどね。
Posted by PPFV at 2011年06月16日 13:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209616280

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。