2011年08月09日

文字通りの旗振り役だったのでは?

避難家族を支えよう/東京 集いで厳しい実情語る(しんぶん赤旗2011/8/8)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-08-08/2011080815_02_1.html

都内でスクールカウンセラーを務める臨床心理士の女性は、被災時のショックだけでなく、離れて暮らす家族、不安を抱える親の姿が子どもに大きなストレスを与えている、と話しました。



トヨタ 「振り替え休日も働け」/節電より もうけ優先か
土・日操業はやりすぎ(しんぶん赤旗2011/8/9)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-08-09/2011080903_01_1.html

いずれも当初から警告してきた人はいるんですがねぇ。赤旗はむしろ文字通りその旗振り役を演じたのではなかったんでしょうか?



posted by PPFV at 21:01| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
来年にかけて原発すべて止めよとしている脱原発が第一の政党が今さら何を言っているのかと・・・。今まで、散々アクセル踏んできて。
こういう状況になるのは目に見えてましたけどねぇ。

電気は足りてる節、放射線恐怖を煽る踊り(カーニバル)やってますし。

Posted by 木綿 at 2011年08月10日 18:40
木綿さん、コメントありがとうございます。

党としての脱原発の方針がいまひとつはっきりしませんが、個別の人たちの発言みていると即廃止みたいな勢い感じますし、何かと行動の落ち着きのなさが目につきますね。
Posted by PPFV at 2011年08月12日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。