2011年10月19日

「反原発」その一点で一致できればアホにだってなれる

「犯罪会社東電」、東電だけでなく、ドイツのニュース風刺番組で官房長官枝野も皮肉られ(笑)
http://www.asyura2.com/11/senkyo120/msg/781.html

福島原発事故を面白おかしく取り上げ東電社員を犯罪者呼ばわりするドイツのヨタ番組の拡散に嬉々として勤しむこの有様には吐き気がする。もっともこの投稿氏のこんな態度は昔からなので既定路線である。

Heute Show 「犯罪会社東電」 /ドイツのニュース風刺番組で福島事故問題が取り上げられた
http://www.asyura2.com/11/genpatu17/msg/607.html

そしてそんな愚劣なネタを同じく取り上げてしまった投稿氏。もともと先の投稿氏とは対立する考えの持ち主だったのだが、「反原発」そのイッテンで共闘できているのだろう。なかなか象徴的な出来事である。
もはや復旧復興に取り組む人々への思いなど塵ほどもない。
この場合、ネトウヨのいう「ブサヨは売国奴」の指摘は正しい。

posted by PPFV at 21:30| パリ ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
無知、誤解、不勉強、浅慮、歪曲等々の、知的でない要素を、共有しとる訳ですかね。
アホウヨもブサヨも。

脱原発派にとっては、要するに、福島事故は「慶事、念願を叶える好機の到来」であると。
「福島事故の被害が深刻なほど喜ばしい、原発周辺が永久に復興不可能なら最高にステキだ」と。
「風評を広めて被害をもっと大きくしてやれ」と。
「がんばるな 福島」「あきらめろ 福島」「絶望しろ 福島」と。
そして「全ては東電が悪い」と。
脱原発派の言動の意味するところは、そういうことになってしまう。

実際、公衆の被ばくと放射線障害の可能性について言えば、実害はほとんどないレベルなのに、放射脳ボケのハカセっぽい人を押し出して風評拡大に没頭しとる訳ですが。
武田邦彦然り、小出裕章然り。送り火然り、花火然り、橋桁然り。

脱原発派の内部から「こんなやり方はやめよう」という声は出ないのかな。ざっと見渡す限りでは、ほとんど聞こえてこないような。やっぱり知的でない要素の共有ゆえに、なのか。
Posted by latter_autumn at 2011年10月21日 16:55
葬列デモって、「死の町」シリーズ第2弾?

ようやるわ、ホンマ。
Posted by latter_autumn at 2011年10月28日 12:57
latter_autumnさん、コメントありがとうございます。

「葬式ごっこ」にはあきれるばかりです。
世田谷の放射線問題についても福島由来ではないことに不満の向きもあるようで、福島由来ではないことを強調するための陰謀説まで出てくる始末。もはやお笑いの域です。
Posted by PPFV at 2011年11月04日 19:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231217996

この記事へのトラックバック

洞窟にこもる山椒魚たち
Excerpt: 似た意見の者のみが集まる場では、次第に先鋭化していく …とはどこかで聞いた意見ではあるが、なるほど、それがよくわかった。 某掲示板、正直2chとなんら変わらない水準まで堕していると感じた。 今回のエン..
Weblog: 夏天故事
Tracked: 2011-10-23 10:49
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。