2006年09月26日

[しんぶん赤旗]メディアも注目 米国批判の広がり

メディアも注目 米国批判の広がり(しんぶん赤旗2006/9/26)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-09-26/2006092606_02_0.html

ビルトッテンOurWorld 2006/7/3
チャベスの貧困根絶政策
http://www.ashisuto.co.jp/corporate/totten/column/1182250_629.html

大統領になる鍵は政策ではなく選挙参謀がいかにライバルのひぼう中傷やあら探しをするか、そして無能な指導者をあたかも改革者としてイメージづけるか、これが米国流プロパガンダだ。


「無能な指導者をあたかも改革者としてイメージづけるか・・・」ふむ、どこかに思い当たる人いませんか?
でもこんなプロパガンダも中南米では通用しなくなりつつあるそうだ。日本の民意は中南米に遠く及ばないということか。

事実とは、長年の米国支配下ではベネズエラの石油による利益は一部の富裕層または米国の手に渡っていたこと。チャベス大統領のもと、石油の利益が初めて国民の貧困を救うために使われるようになったこと。読み書きのできない貧しい国民のために学校が作られたということ。だからこそチャベスは米国や一部のベネズエラの富裕層の目の敵となっているということだ。


事実を知れば「下品な国連演説」などと笑っていられるはずは無いのだ。そもそも「悪魔」と「それを『悪魔』と呼んだ男」どちらを批判すべきかは明らかだろう。
米当局は今のところ「たわごと」と笑い飛ばすポーズに終始しているようだが、今後水面下で(あるいは水上で)どのような手段に出てくるのか気になるところではある。
TVニュースを見て「あまりに過激で胡散臭い」と笑い飛ばしちゃった人は是非演説全文読んでみていただきたい。

2006年チャベス国連演説(Emerging Revolution in the South2006/9/23)
http://agrotous.seesaa.net/article/24315674.html#more

チャベス大統領が国連で「推薦」の本、ベストセラーに(CNN2006/9/25)
http://cnn.co.jp/showbiz/CNN200609250021.html
ちなみに日本語版これ↓
http://www.amazon.co.jp/gp/explorer/4087202607/2/ref=pd_lpo_ase/250-0530478-9449824?


posted by PPFV at 13:44| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2006年チャベス国連演説
Excerpt: http://agrotous.seesaa.net/article/24315674.html#more Emerging Revolution in the South blog 2006年09..
Weblog: milou's note Bis
Tracked: 2006-09-26 20:23

07参議院選挙、統一地方選挙に対する基本の考え方と態度
Excerpt:  06年11月には野党5党の統一候補が沖縄知事選を闘います。政党支持率の世論調査でいえば、自民・公明が圧倒的ですが選挙の得票数は必ず世論調査を裏切るというのが選挙史の事実です。  今、ジリ貧なのは自..
Weblog: 未来を信じ、未来に生きる。
Tracked: 2006-10-02 00:33
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。