2006年09月29日

[朝鮮日報社説]【萬物相】 安倍晋三

【萬物相】 安倍晋三(朝鮮日報社説2006/9/27)
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/09/27/20060927000025.html

 1941年10月、日本でアジアを太平洋戦争に追い込んだ東条英機内閣が発足した。2カ月後、「純粋な軍人政権」である東条内閣は、米国、英国、オランダとの戦争を開始した。

 翌年4月、戦時総動員体制の中で行われた衆議院選挙では戦争や東条内閣に反対する政治家を非推薦とし、暗殺・脅迫といった弾圧が横行した。

 その反戦派の代表的な政治家に、山口県出身の安倍寛がいた。安倍寛は、昨日日本の第90代内閣総理大臣に就任した安倍晋三の祖父に当たる。


▲安倍寛は終戦の翌年である1946年、結核を患って52歳で亡くなった。孫である安倍晋三が生まれる8年前だ。

 もし安倍寛がそれほど早く亡くならなければ、孫の人生にどんな影響を及ぼしていただろうか。アジア侵略と連合国軍との無謀な戦争に反対した「反戦・平和の遺伝子」が孫に受け継がれていた可能性はなかっただろうか。



posted by PPFV at 00:48| パリ | Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先頃の皇統論議で男系男子のみを正統とする安倍ちゃんにしては女系の祖父である岸信介のみを語り、戦時中の翼賛選挙に岸信介と相対峙し非推薦で当選した男系の祖父、安倍寛を全く語らないというのは、はて?
どっちにしても『美しい国へ』などに見られる過剰に血統を語る政治家ほど脆弱で妖しいものはないですよ。
Posted by ペンギン at 2006年09月29日 07:19
ペンギンさん
恥ずかしながら安倍寛のことは知りませんでした。
今月の岩波「世界」でもこのことに言及されている記事があるようです。
所信表明演説に関するエントリー拝見しました。
全く聞いている方が恥ずかしくなってきますね〜所信表明。言葉ずらだけとの意見ありますが、言葉ずらとしてもかなり恥ずかしい(笑
Posted by PPFV at 2006年09月30日 12:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「もうひとつの日本」
Excerpt:  「もうひとつの日本」といっても、押さえてといて欲しいのは、今の自公の政策に立脚した現実にある日本という国のあり方ではなく、もうひとつ、今の日本に別のあり方があってもいいんじゃないのってことだから、目..
Weblog: endeの日記
Tracked: 2006-10-01 00:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。