2012年02月21日

拡散を心配すべきは・・・

青森の雪イベント中止に=「放射性物質心配」の声受け−沖縄(時事ドットコム2012/2/21)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012022101133

沖縄県に自主避難してきている父母らから、雪に放射性物質が含まれているのではと懸念する声が相次いだためという。


どちらから自主避難されてきた方々なのかちょっと気になるところではありますが、こうなると問題は「放射性物質」よりもむしろ「放射性物質心配症」の拡散の方のようです。

posted by PPFV at 20:56| パリ ☁| Comment(3) | TrackBack(1) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなのもあります。既に千数百件!

http://radi-info.com/

答えを書く方もそれなりに大変だろうとは思います。
放射脳の偽専門家がメディアとかに出しゃばって余計なことを吹聴しなければ、本物の専門家も多少は楽にはなるのでしょうに・・・。
Posted by latter_autumn at 2012年02月21日 22:59
latter_autumnさん、コメントありがとうございます。

正直、こういう方々の地道な努力には頭が下がります。
しかし、かつて左派的抗議の効果などどれほどのものだったかと思うのですけど、いまや十数件の抗議でもって公的イベントが中止に追い込まれるのですからね。原発事故様々といったとこでしょうか。本当に不愉快です。結果世論から見限られるのが落ちです。
Posted by PPFV at 2012年02月22日 22:41
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-187773-storytopic-1.html

こちらの記事によると、お一方は他の児童館の心配もする横浜の方のようです。
もちろん非難すべきはそんな行動を煽った方々。
Posted by PPFV at 2012年02月23日 00:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/253432658

この記事へのトラックバック

青森の雪すら危険だというのなら
Excerpt: 雪遊びイベント:那覇市が中止を決定 沖縄に避難の保護者ら、放射能汚染を不安視(毎日新聞/琉球新報)  那覇市は21日、那覇市松尾のにぎわい広場で23日に開催予定だった青森県から運んだ雪を使った雪遊び..
Weblog: 非国民通信
Tracked: 2012-02-27 23:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。