2006年10月24日

[朝日新聞]共謀罪の審議、後回し 衆院法務委員会

共謀罪の審議、後回し 衆院法務委員会(朝日新聞2006/10/23)
http://www.asahi.com/politics/update/1023/019.html

 衆院法務委員会は23日夜、共謀罪を創設する法案など内閣が提出している3法案の審議の順番について、共謀罪法案は後回しにし、同じく前国会からの継続審議になっていた信託法改正案の審議から始めることを決めた。与野党の筆頭理事が合意した。

 自民委員としては、参院選にかかる次期通常国会での共謀罪法案成立は困難とみて、「今回が最後のチャンス。共謀罪から審議入りしたい」との方針だった。しかし、審議が紛糾した場合、教育基本法改正案の行方などへの影響を懸念した与党国対の意向が強く働いたとみられる。ただ、信託法改正案の後に共謀罪法案が審議入りする余地はあり、与野党ともその可能性を示唆している。



posted by PPFV at 01:02| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

共謀罪、今週の審議入りは見送り?
Excerpt:  24日には強行採決か、という観測もあった「共謀罪」法案の審議入りですが、とりあ...
Weblog: M. H. Square.
Tracked: 2006-10-24 02:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。