2006年10月28日

NHK放送命令に関する社説3題

[NHK放送命令]国家権力介入は許せぬ(沖縄タイムス社説2006/10/26)
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20061026.html#no_2

 放送内容について政府が命令することは、言論・報道の自由を根本から侵すものであり、絶対に承服できない。総務相は直ちにこの方針を撤回すべきである。

 命令が出されると、放送内容への国家権力の介入を許すことになり、政府の都合のいいようにコントロールされる危険性がある。

 報道の自由のない国がどうなるか、「大本営発表」で国民をあざむき、未曾有の惨禍をもたらした戦前の歴史が如実に示している。


放送命令・あまりに短絡的すぎる(琉球新報社説2006/10/28)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-18392-storytopic-11.html

 日本の報道機関は戦前、戦中と政府の言論統制下に置かれ、国民に正確な情報を提供する使命を果たさなかった。
 報道内容に政府が関与することは、国民にとって何の利益にもならない。
 放送命令はNHKだけでなく、他の報道機関にも波及する恐れがある。塩崎恭久官房長官は「表現の自由、報道の自由を守る」としているが、「命令」と「自由」は相反するものである。


放送命令 毅然たる姿勢で対処を(東京新聞社説2006/10/28)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20061028/col_____sha_____002.shtml


posted by PPFV at 12:53| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。