2006年11月18日

[毎日新聞]教育基本法:民主党内に参院審議復帰の動き

民主党のこんな態度は予測できたことではないですか?ちょっと早すぎるけど。
アテにはならぬと最初からわかってたこととはいえ、これほどアテにならぬとはね。
「民主党はへたれ」
これで「民主党に票を流せ」などと、それはいくらなんでも「ドあつかましい」というものです。

教育基本法:民主党内に参院審議復帰の動き(毎日新聞2006/11/17)
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20061118k0000m010093000c.html

 教育基本法改正案の衆院採決に反発して国会審議を拒否している民主党内で17日、参院の審議入りを受け審議復帰の動きが出始めた。参院幹部が修正協議を打診して自民党側にすぐに否定される場面もあり、野党4党で徹底抗戦を誓った翌日に軟化する民主党の姿勢に社民党などから「早過ぎる」と不満の声も出た。

 野党は17日、同改正案の趣旨説明を行う参院本会議を欠席したが、その一方で民主党は対案の「日本国教育基本法案」を改めて参院に提出。同党の参院幹部は「審議に復帰する布石」と説明した。さらに同党の西岡武夫元文相が自民党の青木幹雄参院議員会長に修正協議を打診。自民党の片山虎之助参院幹事長は記者会見で「修正したらもう一度、衆院に返すことになる。物理的に不可能」と即座に否定した。

 民主党から早期の審議復帰論が出ているのは、いじめやタウンミーティングの「やらせ質問」などが拡大する中で審議拒否を続けることへの批判を懸念するからだが、修正協議で対案をアピールしたい思惑も働いている。鳩山由紀夫幹事長が同日の会見で「民主党案が政府案の中に取り入れられていく道はないか模索することも大事だ」と発言後、「修正協議には応じられない」と釈明の文書を出す混乱もみられた。【須藤孝】



民主党:集団的自衛権の一部容認 国連の軍事行動にも参加(毎日新聞2006/11/18)
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/seitou/news/20061118k0000m010148000c.html


posted by PPFV at 11:41| パリ | Comment(3) | TrackBack(2) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうだ!
まったくその通りだ!
Posted by ニッパチ at 2006年11月18日 14:41
 民主党案も人の心をコントロールしようとする点では政府案と大差ない。しかも、教育基本法「改正」の必要性について何等まともな説明はないまま。

 いよいよインチキな二大政党による悪政の競い合いですね。子どもたちの心があさましい権力抗争の道具にされようとしている。

 公明党創価学会はへらへらしている場合ではないよ。国家神道と相入れない異教徒として狩られちゃうぞ。爆!
Posted by 紋邪刃 at 2006年11月20日 00:05
まったくですね。
「すべては結果次第」などという言葉がリベラル界でも堂々と語られるんだから。
少数意見は邪魔なんだそうです(笑ってしまうしかない)
いつから政治はこんなに単細胞になってしまったんでっしゃろ。
Posted by PPFV at 2006年11月20日 21:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ある「ディベート」の記事を読んで思ったこと
Excerpt: 最近ブログやっててつまんないのは、記事を掲載されている方に寄せられるコメントとその対応のありかたに少しづつ疑問を持ち始めたからです。 コメント欄って本来は記事を読んでもらった感想や意見を読者から聞く..
Weblog: 石橋を叩いても渡らないかも?
Tracked: 2006-11-18 20:13

タウンミーティングで「質問取り」
Excerpt:  最高裁の裁判員制度紹介ページで、裁判員選任手続の概要が示されたそうです。一応、自衛官や弁護士など就職禁止者、70歳以上や学生など辞退可能な者は届出だけで候補者名簿から外される扱いになるようです。 ...
Weblog: 天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳
Tracked: 2006-11-18 21:05
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。