2006年12月23日

[東京新聞]尼崎事故報告 企業体質が問題だった

尼崎事故報告 企業体質が問題だった(東京新聞社説2006/12/21)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/sha/20061221/col_____sha_____004.shtml

尼崎脱線:運転士、無線に気を取られた形跡 事故調報告書(毎日新聞2006/12/20)
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/archive/news/2006/12/20/20061220k0000m040161000c.html

航空・鉄道事故調査委員会(国土交通省)
http://araic.assistmicro.co.jp/index.html
鉄道事故調査報告書(福知山線 尼崎駅〜塚口駅間)
http://araic.assistmicro.co.jp/araic/railway/report/detail.asp?ID=1682
※2006/12/23現在、2005年(平成17年)9月6日付の経過報告のみ

JR西日本の企業体質、経営体質の問題に言及したことは評価できます。
しかしあくまで報告書案ですので最終報告書で骨抜きにされぬことを祈ります。
以下、事故当時の拙ブログエントリーですが、各メディアがその時どう報じていたのかを検証するのも意味のあることですね。
いくつかリンクもつけてますのでご参考までに。
ちなみに企業体質を問題視したエントリー記事に対し労組員をダニ呼ばわりするコメントもありましたが、事故車両の運転手であった青年も決してそのような人ではなかったことも立証されました。犠牲になった乗客の方々と共に改めてご冥福をお祈りします。
二度とこのような事故を起こさないために事故報告書が正しく活かされますよう。

[キャファ通信]福知山線脱線事故はなぜ起きたか?(2005/5/6)
http://ppfvblog.seesaa.net/article/15611608.html

JR事故報道に見るこの国のマスコミ(2005/5/13)
http://ppfvblog.seesaa.net/article/15611617.html


posted by PPFV at 22:10| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。