2007年02月28日

[朝日新聞]浅野氏、都知事選出馬へ 「市民の思い真剣に受け止め」

浅野氏、都知事選出馬へ 「市民の思い真剣に受け止め」(朝日新聞2007/2/28)
http://www.asahi.com/politics/update/0228/006.html

当初、民主党の要請を断ったのは賢明。民主党の推薦などあっては無党派層の支持は得られないとの算段か。民主党が独自候補立てた場合は出馬しないとの表明も駆け引きうまいなと思った。こうなれば民主党、独自候補出そうにも出せないだろうしね。
末期症状とも思える今の都政の首長に求められる資質は「社会的弱者に対しどのようなまなざしを持っているか」という点に尽きると思うのだが、実績を見れば確実性も含め「吉田万三氏」>「浅野史郎氏」>「黒川紀章氏」≒「石原慎太郎氏」という順になると思うのだけれど。こと石原氏について言えば「社会的弱者に対し投げつける『暴言』は持っていても『まなざし』など持っていない」ことは実績から見てこれまた確実。


posted by PPFV at 19:58| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
浅野さん、今回の行動は鮮やかでしたね
民主党は(実は)それほどアテにならないのではないか−−という市民の潜在的懐疑があったとして
それを見事に感じ取っての行動様式だと思います
がんばってほしいものです
Posted by しげぞう at 2007年03月02日 12:46
しげぞうさん、コメントありがとうございます。
浅野氏の立ち回りのうまさ、そこが気に障るところでもありまして(^^;;
私としては実直で有能な人に活躍してほしいと思っています。
Posted by PPFV at 2007年03月03日 17:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「非正規雇用」や「偽装請負」が許される非常識な理由
Excerpt:  キャノンで「偽装請負」がバレても、御手洗キャノン会長が平然としていられる理由がどこにあるのか。  大野秀之さん(32)は闘う姿勢を示した。物言わぬ「請負」労働者からの脱皮である。  「契約におびえ..
Weblog: 関係性
Tracked: 2007-03-02 13:17
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。