2007年03月02日

[琉球新報]君が代命令合憲・管理優先発想でいいのか

君が代命令合憲・管理優先発想でいいのか(琉球新報社説2007/3/1)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-21714-storytopic-11.html

 反対意見を述べた藤田宙靖裁判官が指摘したように、思想・良心の自由と、その制約要因となる「公共の利益」の具体的内容を比較して慎重に検討すべきだ。その検討結果の提示なしの合憲判断は果たして妥当といえるだろうか。


 藤田裁判官は「真の問題は、伴奏を命じることが一定の歴史観、世界観の告白の強要になるかどうかにあるのではない」と異論を唱え「教諭にとってピアノ伴奏が信条に照らして極めて苦痛なことであり、それにもかかわらず、強制することが許されるかどうか」ということこそが問題だと述べている。



posted by PPFV at 20:13| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

君が代伴奏拒否、教諭敗訴─最高裁
Excerpt: 予想通り、最高裁でも国寄りの判決が。 しかし4裁判官のうち藤田宙靖(ときやす)裁判官だけは 「斉唱への協力を強制することが本人の信念・信条に対する抑圧となることは明白」 と反対。 最高裁も..
Weblog: もーちゃんの部屋
Tracked: 2007-03-05 17:28