2007年03月14日

[YamaguchiJiro.com]反石原の統一戦線を

阿修羅で紹介されていた。
今回の都知事選については、今までそれなりに評価していた人たちのスタンスがあらわになってがっかりすることもあるのだけれど、まあいろいろ勉強にもなるし興味深くもある。

反石原の統一戦線を(YamaguchiJiro.com 2007/3/8)
http://www.yamaguchijiro.com/?day=20070308

要は「石原都政に対し共産党の果たした役割の大きさは認めるが石原打倒のために共産党は降りろ」論調で改めて聞くべきものはない。でも「週刊金曜日」でさえもこんな論調なんですね。感慨もひとしお・・・(--;;;
本題、
注目すべきはこのエントリーにつけられているコメント。
全文引用する。

2007/03/12 8:33 PM posted by: 一宮城県民より
始めまして。あなたの書かれたものに関して私見を述べさせていただきたい。

まず、「市民」という言葉の乱用は控えていただきたい。あなたの言う市民とは、実際には特定党派に属する極めて排他的な人々というのが私の認識であるが、同様の認識をしている方は決して少なくないと思う。
浅野氏を支持する人たちだけが良識ある市民ででもあるかのような表現はいかがなものか。他の候補者を支持するものは、良識のない反市民なのだろうか。

>選挙の最大目的が石原を引きずりおろすことにある以上、民主主義を愛し、人間の尊厳を貴ぶ市民は反石原の一点で結集、協力すべきである。その際にはより幅広く市民の支持を得られる候補にまとまることが必要となる。

これはあなたの勝手な主張であり、こうしたコンセンサスが一般的に存在しているわけではない。自分の主張を勝手に押し付けないでいただきたい。

>共産党が独自候補の擁立にこだわって、反自民、反石原の票を分散させるという行動を続けるならば、共産党が、その意図とは別に、自民党や石原の増長をもたらすという結果になる。

この論理には嘔吐感を催す。先に出馬表明していた側が分裂をもたらしたとして糾弾されるというのは論理的に破綻している。反石原票を分裂させるのは、後発の浅野氏の側ではないのか。

そもそも、「石原氏危うし」という情勢は共産党の追求によって生まれたものである。もし、それがなければどんな対立候補が出ようと石原氏は余裕で再選されたであろう。あなた方は何もしていなかった(少なくても何も出来なかった。完全に無力だった)。民主党に到っては、都議会では常に石原氏を支持してすらいたではないか。
勝てそうになってから突然出てきた側が、相手を追い詰める情勢を自力で作り出した側を分裂の原因呼ばわりするとは、恥を知るべきである。

反石原氏の統一候補を擁立したいのであれば、浅野氏出馬の前に調整が行わなければならない。その際には政策協定などを結び、それを公表するのがスジであろう。
政策などどうでもいいから、兎に角勝てそうな候補に一本化、ではただの野合との誹りを脱がれないであろう。

勿論、これだと浅野氏が市民の働きかけで出馬するという虚構が崩れてしまう。しかし、いいかげん党派隠しの欺瞞は止めるべきではないのか。
浅野氏が実際には、民主・社民という政党、連合という組織、朝日・毎日らのメディアに担がれた候補者であることはすでにバレバレである。
無党派であること自体にはなんら積極的な意義はない。党派に属していようが居まいが良い政治をすればよいだけのことである。(あなた自身も含めて)姑息な党派隠しは止めるべきである。


浅野氏については、私は宮城県民なので多少は存じている。彼に対する私の認識は「良くできた保守知事」である。彼は清廉であるし、スマートでテレビ写りも良い。メディアの扱い方をよく知っている。現代的な政治家と言って良い。
ただ、政策的には情報公開と警察裏金問題の追及を除けば、一般的な保守系知事と同じである。彼は国の施策に従順である。破綻確実な公共事業も平気で推進してきた。県の借金は彼の任期中に二倍に増えた。
彼は「国旗・国歌」問題で石原氏のような立場は取らないだろう。しかし、国から求められれば別に抵抗もしないだろう。
彼はどういう形で当選しても、結局は(共産党を除く)オール与党体制に移行するだろう。自民党も「改革派知事」に対するスキルを向上させており、無用な摩擦は起こさないだろう。
情報公開は宮城でそうだったように数年で厭きられるだろう。警察の裏金問題は、発生したとしてもメディアが沈黙するだろうから、結局は沈静化するだろう。

要するに石原氏から浅野氏への転換がもし起こるとすれば、それは反動から保守への転換だが、それに満足しない人も少なからずいるだろう。
あなたは民主主義の擁護者をもって任じていられるようだが、有権者に二者択一以外の多様な選択肢を与えることも、民主主義にとって意味のあることだと思うがいかがだろう。

ついでに言わせてもらえば、あなた自身、共産党と吉田氏が降りるとは思っていないだろうと思う。ただ、負けたときの責任を擦り付けたいのであろう。そして、次にはあなたは参院選で「共産党は一、二人区で出馬するべきでない」と言い出すだろう。更に次には、「衆院選の小選挙区では出るな」と言い出すだろう。
あなたは自分がどの党派に属しているのか(いるように見えるのか)自覚がないのか。


私は小選挙区導入騒動の頃からあなたの書いたものにはそれなりに眼を通している(私は『世界』の定期購読者だ)。あなたに関して言えば、政治家が理念や政策よりも自分の当落を優先するということさえ認識していなかったという率直な告白には驚嘆させられた。私も率直に言わせて頂くが、そのような人物は現実政事に関わるべきではないと思う。


まったく同感である。
ただ、驚くべきは続くコメント。

2007/03/13 11:18 PM posted by: 中道左派系有権者skyblue
消去法で浅野支持。
都政私物化の是正、強権的な教育行政の是正、情報公開、そして
築地市場移転地土壌汚染問題などの点で、
石原都政を軌道修正し、よりマシな都政をやってくれそうだ。

あと、山口さんのページのアドレスは、「2ちゃんねる」にマルチされていることから、
「石原支持拡大と対浅野ネガティヴキャンペーン」工作に奔走している
ネットウヨクや共産党支持者の標的になる
可能性がありますので、コメント欄は閉鎖したほうがよいと思います。


先に紹介したコメントはまったく理路整然としたコメントだと思うが、そういうコメントに対して「工作」呼ばわりした上、排除要請とは。リベラルちゅうのはその程度のリベラルだったんですかね。



posted by PPFV at 01:21| パリ | Comment(7) | TrackBack(18) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>そして、次にはあなたは参院選で「共産党は一、二人区で出馬するべきでない」と言い出すだろう。更に次には、「衆院選の小選挙区では出るな」と言い出すだろう。

そして、選挙後に「民主党が負けたのは共産党が野党共闘を拒んだからだ」と言うだろう。

っていうか200%そう言います。だれか阿修羅の常連さん、賭けに乗ってくれないかな。
Posted by 静流 at 2007年03月14日 03:23
はじめまして、「花・髪切と思考の浮游空間」のこれお・ぷてらと申します。

山口二郎氏のエントリーは私も読んでいてエントリーであげたいと思っていましたが、+++PPFV+++さんに先を超されました(笑)。
読んだのは、引用されているコメントがアップされる前でしたが、このコメントは冷静な分析にもとづくもので、全く同感ですね。他言を要しないとはこのことでしょう。
石原氏であっても、浅野氏であっても都政は本質的にむろんかわらないでしょう。勝ち馬にのる一方の「排除の論理」、これは醜悪です。
吉田万三さんの奮闘を期待したいものです。
山口二郎とは元々こんなものですね。
Posted by これお・ぷてら at 2007年03月14日 16:04
静流さん、コメントありがとうございます。

>っていうか200%そう言います。だれか阿修羅の常連さん、賭けに乗ってくれないかな。

ん〜、後だしジャンケンな賭けしかしません(笑)
Posted by PPFV at 2007年03月14日 23:54
これお・ぷてらさん、はじめまして。
コメントまことにありがとうございます。またたびたびTBいただき改めましてありがとうございます。
貴ブログはいつも拝見しています。
政権与党の欲する二大政党制への地ならしとも思える今回の動きに危惧を覚えています。
まさにこれお・ぷてらさんご指摘の通りと思います。
今後ともご教示のほどよろしくお願いします。
Posted by PPFV at 2007年03月15日 00:05
 やはり政策で勝負するのが選挙の筋と言うもの。数あわせだけでは、それこそ石原さんや自民党さんと同じ論理です。

 もし本当に政策できちんと議論するなら、候補者なんて何人立ってもいいはずですよね。私みたいな無党派としては、選択の幅が広がるからうれしいと思います。だいたい無党派は、政策のよさそうな人に入れるものです。

 私は、まじめに政策で討論をすれば、有権者の心に訴えかけるものがあります。浅野さんと吉田さんが論戦すればとてもいいとおもいます。そうすれば、そもそも石原さんにマトモな政策があるとは思っていませんから、石原票は確実に減ると思っています。

 その点から考えると立候補された浅野さんには、もう少し明確な政策を掲げ吉田さんときちんと論戦をしてほしいものです。いまのままでは、ちょっと吉田さんの論敵として物足りないんじゃないでしょうか・・・。

 その意味では、浅野さんにがんばってほしいものです。
Posted by mx at 2007年03月15日 00:44
PPFVさん、はじめてコメントさせてもらいます。
この一宮城県民さんのコメントに、反論できるのでしょうかね、山口先生。
そして、ネットで浅野さんの応援する人達も同様に・・・。

石原知事を追いつめ、石原危うしの時局を作り出したのは共産党だと思います。
なのになぜ、共産党候補者ではだめなのかという理由は未だに納得するものがないのです。

私もPPFVさんと同じく積極的共産党支持の無党派になるのでしょうね。
今後ともよろしくお願いします。
Posted by 木綿 at 2007年03月15日 21:13
木綿さん、はじめまして。
コメントいただきまことにありがとうございます。
山口さんの反論はまだないようですが、排除要請に対して一宮城県民さんの反論がされています。
曰く、
<言論に対して言論で対せず、物理的手段で批判を封じることを勧めるのは感心しない。
ここの閲覧者は一日あたり4〜500人程度。炎上からは程遠い閑散たる有様である。選挙結果への影響もほとんどあるとは思えない。そんなところでの批判すら容認できない方が、「強権的な教育行政の是正、情報公開」を期待するというのは自己矛盾と思うが、いかがだろう。>
まったくです。
石原打倒の思いの強さのあまり自己矛盾あるいはそのために失うかもしれないものに対する配慮や想像力など微塵も感じられません。
日の丸君が代の強制に苦しむ人たちの最も大きな力になってきたのは他ならぬ共産党でしょう。これからもおそらくそうです。
浅野氏の出馬で共産党を快く思わない人たちは「日の丸君が代の強制で苦しむ人たちの気持ちをなんと考える」と言います。
日の丸君が代について浅野氏はこれまで何をしてきたでしょう。そしてこれからは何をしてくれるでしょう。
(支援者も含めて)このような態度で本当に「弱者に対するまなざし」など保てるのでしょうか・・・。
などと思ってしまうんですね〜。
そうですか、木綿さんも積極的共産党支持の無党派ですか。
こちらこそどうぞ宜しくお願いします。
Posted by PPFV at 2007年03月16日 01:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ズバリ、切れ味鋭い、感動の都知事選・浅野擁護派批判
Excerpt:  さっき、久しぶりに訪れた+++PPFV+++さんの記事に、感動してしまった。  都知事選報道やネットでの論調の、何が問題なのか、ズバリ指摘している”一宮城県民”による『反石原の統一戦線を(Yamag..
Weblog: 花のニッパチ、心のままに?
Tracked: 2007-03-14 07:22

【都知事選・石原三選阻止!】日本共産党の浅野史郎氏批判の誤謬性
Excerpt: いま、日本共産党は「しんぶん赤旗」などで「浅野氏も石原氏と五十歩百歩」「浅野氏は『福祉の浅野』を標榜しているが宮城県知事時代は福祉を切捨てた」等々、浅野史郎氏への批判を展開していますが、AMLと「四ト..
Weblog: ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)
Tracked: 2007-03-14 08:19

【都知事選・石原三選阻止!】日本共産党はフランス共産党の「英断」から学んで欲しい。われわれは、ルペンも石原も「ノン」なのだ!
Excerpt: 2002年のフランス大統領選。 この選挙、決選投票に勝ち残るのは保守・中道政党連合が推すシラク候補(現大統領)と社会党が推すジョスパン候補によって戦われるものだと誰もが考えていました。 と..
Weblog: ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)
Tracked: 2007-03-14 08:19

【都知事選・石原三選阻止!】「統一戦線と人民戦線」・・・「反石原」で一致する全ての人々は<浅野史郎人民戦線>を構築しよう!?
Excerpt: 浅野史郎さんを「勝手連」的に支援している左翼掲示板「四トロ同窓会二次会」にて、今回の東京都知事選を【「統一戦線」「人民戦線」という左翼的フレーム】を援用しつつ、興味深い議論が展開されていますので、..
Weblog: ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)
Tracked: 2007-03-14 08:20

【都知事選−石原三選阻止!】浅野史郎さんは決して候補者として「ベスト」ではない・・・が、それでも浅野さんを勝手に応援する理由
Excerpt: 東京都知事選について。 ご覧頂ければお分かりのように、このブログでは昨日(3/8)より東京都知事選への立候補を決意された【浅野史郎さん】を勝手に応援し始めました。 浅野さん擁立の背景には、..
Weblog: ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)
Tracked: 2007-03-14 08:21

「命」軽視の呆れた「朝日社説」
Excerpt:  先ずは、朝日新聞社説「看護新基準 メリハリをつけて適用を」(2月26日付け朝刊)の全文を是非読んでみてください。  何か違和感は覚えませんか?  「看護師が足りない」。こんな悲鳴が全国の病院で上が..
Weblog: 関係性
Tracked: 2007-03-14 15:05

東京都知事選:反石原候補の一本化を目指すとしたら
Excerpt:  前のエントリーをあげてから、またあちこちのサイトを見てまわってみましたが、実に...
Weblog: M. H. Square.
Tracked: 2007-03-14 18:39

都知事選
Excerpt: 少なくとも、悪政を繰り返す石原現「と」知事を落選させなければならないのは確かであ
Weblog: 日々是好日?今日もここにいます。
Tracked: 2007-03-14 21:38

政治の素人でもわかる浅野擁護派への批判、カミソリの刃の如し
Excerpt:  今朝書いた記事の、あのフレーズは忘れられない。+++PPFV+++さんには申し訳ないけど、ここにも載せたい。載せて、私の脳裏に焼き付けておきたい。なので、+++PPFV+++さん、かんにん m(_...
Weblog: 花のニッパチ、心のままに?
Tracked: 2007-03-14 22:23

【都知事選・石原三選阻止!】「自民党も民主党も五十歩百歩」と切り捨てる前に、彼らの<内部的矛盾>に切り込むための努力をすべきでは無いか?
Excerpt: 今回の都知事選においては、共産党支持者の方達のみならず、いわゆる「新左翼」系の方達の中にも「浅野史郎氏の背後にいる民主党は『第二自民党』だから共同出来ない」と決め付けている向きの議論があるようです。 ..
Weblog: ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)
Tracked: 2007-03-15 09:25

【都知事選・石原三選阻止!】「自民党も民主党も五十歩百歩」と切り捨てる前に、彼らの<内部的矛盾>に切り込むための努力をすべきでは無いか?(その2)
Excerpt: ブログ「アッテンボローの雑記帳」のコメント欄への投稿文をこちらにも掲載します。 【日本の左翼は今なお決して敗れていない、敗れたのは飽くまで「中道主義」に走った社会党に過ぎないのだという主張に対して。..
Weblog: ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)
Tracked: 2007-03-16 09:25

民主党は“red herring”か?
Excerpt: すでに旧聞となったが,愛知県知事選での野党敗北に関してネット上でも議論がなされた.民主党系候補が敗北したが,共産党候補の得票との合計では自公候補を上回っていた.従来だと,共産党が候補を出すからいかん..
Weblog: ペガサス・ブログ版
Tracked: 2007-03-18 20:41

【転載歓迎】STOP ! 改憲手続き法  3・26国会へ行こうアクション
Excerpt: 改憲手続法の廃案を求める国会へ行こうアクションの第2派の呼びかけを、知人のメールからそのまま転載します。 ・・・・・・<転載大歓迎>・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ~ 第2波決定!..
Weblog: 業務日誌
Tracked: 2007-03-20 20:36

【都知事選・石原三選阻止!】「自民党も民主党も五十歩百歩」と切り捨てる前に、彼らの<内部的矛盾>に切り込むための努力をすべきでは無いか?(その3)
Excerpt: ブログ「アッテンボローの雑記帳」のコメント欄への投稿文をこちらにも掲載します。 というか、浅野史郎さんは民主党の推薦を貰っている訳では無いのだから、浅野さんを「民主党の候補者」のように言い立てるのは..
Weblog: ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)
Tracked: 2007-03-21 08:59

神奈川県知事選告示前の最後の足掻き-ファシスト・松沢現知事や自民党の操り人形の杉野氏を当選させるべからず!
Excerpt: 気がついたら明日、神奈川県知事選が告示される訳ですが、護憲を標榜する社民党の神奈川県連ですら、テレビ討論会で改憲支持を公言した、松下政経塾出身の松沢現知事を「支持」するという悲惨な状況ではありますが..
Weblog: 月よお前が悪いから
Tracked: 2007-03-22 04:19

浅野前宮城県知事と橋本大二郎知事
Excerpt: いよいよきょうからいっせい地方選挙がはじまった。知事選挙が告示されたのだ。マスコミがあおろうとした「自・民対決型」は、北海道、岩手、東京、神奈川、福岡の5都道県にとどまり、奈良、鳥取、島根、徳島、佐賀..
Weblog: 土佐高知の雑記帳
Tracked: 2007-03-22 21:39

山口二郎vs.一宮城県民
Excerpt: 山口二郎北大教授のブログのコメント欄で興味深い議論が交わされているので、ぜひ読んでみて欲しい。
Weblog: Weblog of ЗЧБ(三四郎日記)
Tracked: 2007-03-22 22:54

山口二郎「非自民結集」論の空虚さ
Excerpt: 山口二郎氏の非自民結集再論という文章がウェブ上で公開されている。私は、自民党政治の転換を願っているので、反自民で一致する戦線が強くなることを強く望んでいる。だが、山口氏のいう「非自民結集」とこれが同様..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2007-04-12 05:54
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。