2007年04月04日

[日本経済新聞]自民山崎、谷垣両氏がハト派結集目指し連携確認

自民山崎、谷垣両氏がハト派結集目指し連携確認(日本経済新聞2007/4/4)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20070404AT3S0302B03042007.html

 自民党の山崎、谷垣両派の幹部が3日夜、都内の日本料理屋で会談し、党内のハト派勢力の結集を目指した連携強化で一致した。谷垣禎一氏が「今の政権は右にぶれすぎる。古賀派にも連携を呼び掛けているが、両派で協力していこう」と要請。山崎拓氏も「私は中曽根派時代は右寄りと言われたが今は(現政権に比べれば)左だ」と同調した。会合には山崎派から野田毅、保岡興治両氏ら5人、谷垣派から川崎二郎、逢沢一郎両氏ら7人が参加した。


これお・ぷてらさんが言うところの政党の溶解ならぬ、今の左翼のとろけ具合を見てると、自民党内のこんな動きさえ「頼り」に思えてくる・・・。


posted by PPFV at 20:43| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(3) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

自民・民主の対決軸はあるのか。党首討論未開催のわけ
Excerpt: 国会のなかでの民主党の態度が自民党から注目されている。自民党は、国民投票法案の成立には、どうしても民主党を巻き込むことが必要だと考えているようです。マスメディアも、今朝もニュースで伝えていましたが、民..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2007-04-06 00:48

来週にも成立してしまうのか?「国民投票法案」
Excerpt: 「国民投票法案」を我々国民の多くが未だに「憲法改正」に賛成・反対を国民自身が決める純粋に中立的な法律だと思っていませんか? 利権家与党の「改憲勢力」が成立させようとしている法案の中身が、ほとんど国民に..
Weblog: 競艇場から見た風景
Tracked: 2007-04-06 18:27

小沢氏の最後か民主党の最後か;BLOG BLUES氏のコメントによせて
Excerpt: 二大政党もちあげの朝日新聞(4・5)が「小沢氏 最後の大勝負」と題した記事を載せた。サブタイトルは「政界大再編に道か 党揺らぎ代表辞任か」というもの。朝日の記事によらなくても、民主党に関心を寄せ、支持..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2007-04-06 19:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。