2007年04月12日

「撫順の奇蹟を受け継ぐML」に関する先のエントリーについて

ちなみに「撫順の奇蹟を受け継ぐML」については、このブログを始める以前より拝読しています。こちらのMLの趣旨は多少は理解しているつもりです。また、管理人氏及び先のエントリーでレスを返された方、共に私としては尊敬している人物でもあります。
しかしながら、都知事選を前に、その論調(あくまでMLの全体的な流れ)には失望を禁じえませんでした。「政党や主義主張を超えて広く情報交換をする」という立場から、極力「党派性」を排除しようという姿勢には心より賛同します。
しかしながら、そうではありませんでした。
過去から現在に渡り「過去のあやまちを反省し、二度と同じことが繰り返されないよう、反戦平和を訴えてきた」政党は共産党ではないかと私自身は思っております。もちろんMLの性格上ことさらそれを持ち上げる必要もありません。しかし、この一連の論調は「反石原」に向けて「浅野氏支持」一辺倒になってしまいました。出馬当初から「民主党の支援」があったことは暗黙の了解事でしょうし、民主党にも批判されるべきことは決して少なくはないはずです。そんな中、遠慮がちに疑問の声を上げた方もおられましたが、議論にはなりませんでした。議論がこちらのMLの本意ではないことは十分承知していますが、あまりに何事もなくひとつの方向に話しが進んでいってしまうという印象を受けました。
ひとつの象徴的な場面として、先のエントリーでのやり取りを紹介させていただいたわけですが、「ナチス誕生の共産党の役割」になぞらえて「事実上共産党が排除」されたことに大いに落胆したものです。

結局、こちらのMLの性格を考えれば、「石原」VS「何某」という明確な対立がない限り、今回のような微妙な問題を含む候補(浅野氏と吉田氏)が立っている以上、どちらにしろ明確な支持を訴えることはするべきではなかったのではないかと私は思っております。


posted by PPFV at 21:06| パリ | Comment(7) | TrackBack(4) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 こんにちは、クマ@受け継ぐML管理人です。今回は、受け継ぐMLでの議論によってPPFVさんに失望と落胆を感じさせてしまったこと、一人のML参加者として申し訳ない気持ちを持っております。

 おっしゃるとおり、他の野党と共産党とがそれぞれ独自候補で行くことが決まって以降、当MLでは浅野支持の投稿が多く、吉田支持の投稿はあまりありませんでした。もちろんMLとしての態度を決めたわけではありません(そのようなことができるはずもない)のですが。

 受け継ぐMLは「歴史の歪曲を許さず、同じ過ちを繰り返させないための情報交換・意見交流の場として」利用することを前提としているMLであり、歴史修正主義の典型としての石原慎太郎を都知事選で落選させるための情報が流されるのは当然ではあるのでしょうが、それがあたかも「受け継ぐML参加者なら浅野で当然」というような雰囲気をPPFVさんが受け止められたのであれば、これは管理人として申し訳ないことです。

 私は今回の都知事選において、「反石原」の立場からの野党統一を求めて活動してきたのですが、分裂が決定的になって以降は、もはや個人の投票態度の問題として、公的な場所での発言は行なわないことにしました。

 いま私たちがするべきことは、浅野支持者と吉田支持者のあいだの感情的な議論ではなく、石原が三選されたことへの冷静な分析と総括であり、「次」を展望した生産的な姿勢でしょう。

 今回はPPFVさんに失望を感じさせてしまいましたが、次回以降、より発展的な議論のできる場となるように努力してまいりますので、なにとぞ今後ともご支援をいただきますよう、よろしくお願いいたします。
Posted by クマ at 2007年04月13日 10:17
「誰に入れたかって?石原さんに決まっているじゃないの。他の人ではお金にならない」
と、東京で不動産関係の仕事をしている知り合いの女性に言われました。
「ババアは死ねと言った?ふん、だから何なのよ。金にならなきゃ話にならん!」

納得。

ここが金主主義国だってことをつくづく・・・・・
Posted by 青の雑記帳 at 2007年04月14日 00:26
PPFVさん、こんばんは。ご迷惑をお掛けしました。『小泉純一郎と日本の病理』(光文社)という本の前書きに、「ワルプルギスの夜」という言葉が出てきます。毎年、ドイツの5月祭(5月1日)の前夜に、ハルツ山塊の高峰ブロッケン山で、牡山羊・箒の柄・火掻き棒などに乗って魔女たちが集い、悪魔と「サバト」(狂宴)を催すという伝説の舞台の話です。そこに描かれた光景は壮絶そのもので、興奮して狂乱に陥った魔女の叫びが、山や谷に反響し、乱痴気騒ぎを引き起こします。小泉不純一郎総理登場以来の、このおぞましき狼籍現象が、都知事選にまで持ち込まれたのではないかという感じです。題して「ポピュリズムの狂宴」。根拠なき熱狂と排他主義のまん延は、ますますこの国を危うくしていきますね。「地獄への道は、善意に充ち満ちている」ワケですね。
Posted by ELMの日記 at 2007年04月14日 03:01
訂正:「ポピュリズムの狂宴」→「左右を問わぬポピュリズムの狂宴」
Posted by ELMの日記 at 2007年04月14日 10:24
クマ@受け継ぐML管理人さん、コメントいただきまことにありがとうございます。

管理人様自らお詫びいただくことはありません。まことに恐縮です。
あくまで今回のエントリーは「都知事選をめぐる議論」に関してのみの感想です。当初のエントリーが多少刺激的な表現になってしまった点は反省しております。
この一連の議論の流れに「過去の誤謬に学ぶ」という姿勢が多少希薄に感じられたのが私一人で、またそのことで他に心を痛めた方がいなかったことを切に願います。
貴MLの本来の趣旨には心より賛同するものですので、どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by PPFV at 2007年04月15日 00:29
青の雑記帳さん、コメントまことにありがとうございます。

>ここが金主主義国だってことをつくづく・・・・・

ん〜確かに(笑)、それも(が)現実。私とて無関係ではないし。迂闊にもそこを忘れることがある。
Posted by PPFV at 2007年04月15日 00:33
ELMの日記さん、コメントありがとうございます。
ご迷惑なことなど一切ございませんのでお気遣い無用です。

「ワルプルギスの夜」、先にコメントいただいたときに調べました(笑

>小泉不純一郎総理登場以来の、このおぞましき狼籍現象が、都知事選にまで持ち込まれたのではないかという感じです。題して「左右を問わぬポピュリズムの狂宴」。根拠なき熱狂と排他主義のまん延は、ますますこの国を危うくしていきますね。「地獄への道は、善意に充ち満ちている」ワケですね。

まさに言い得て妙です。強くそのような印象を持ちます。
ご紹介の本読んでみたいと思います。
Posted by PPFV at 2007年04月15日 00:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

<石原三選>雑感:浅野を担ぎ出したのが間違いの元
Excerpt: 石原が三選してしまった。 石原のファシズム教育や都政の私物化、差別発言などに関する情報があまりマスコミで取り上げられなかったせいもあるのかもしれない。 私も、石原の何が問題なのかを伝える努力が足り..
Weblog: どこへ行く、日本。(安倍とマスゴミの動向に要注意!)
Tracked: 2007-04-13 00:48

仕事にかまけたり松坂にフィーバーしたりしているうちに・・・
Excerpt: マスコミに国民投票法案採決に絡んだ報道をさせないために、「デッド・ソックス松坂大輔」を報じさせた。 http://www.asyura2.com/07/senkyo33/msg/342.html ..
Weblog: どこへ行く、日本。(安倍とマスゴミの動向に要注意!)
Tracked: 2007-04-13 00:49

【東京都知事選】三浦小太郎氏の評論『マジョリティの意識に届く言葉を』〜「フツーの都民」のハートに火を付けられなかった浅野史郎・吉田万三の両氏
Excerpt: 先日、文筆活動の傍ら「脱北者」支援運動などを展開されている評論家の三浦小太郎さんから、先の東京都知事選に関するコラムがメールで送られてきました。三浦さんの東京都民の捉え方には私も共感する面を感じました..
Weblog: ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)
Tracked: 2007-04-15 09:03

【都知事選】「『日の丸・君が代』押し付けは個人の人権侵害」という石原慎太郎批判では、ダメなんだよ。
Excerpt: 結局、石原慎太郎氏とは民衆の「不安心理」に巧みに入り込むことによって支持を獲得している政治家ということに尽きると思いますね。 石原氏の政治手法というのは、庶民の眼前に<分かり易い「敵」>を提示し..
Weblog: ある国際人権派の雑食系ブログ。(仮)
Tracked: 2007-04-17 07:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。