2007年04月21日

[週刊金曜日]都知事選をパリから見れば(本多 勝一)

都知事選をパリから見れば(本多 勝一)(週刊金曜日)
http://www.kinyobi.co.jp/KTools/fusoku_pt?v=vol651

 選挙といえば、今月8日の東京都知事選についてパリで見聞した論評を紹介したい。

「石原都知事は、三国人発言・ババア発言など人権を無視した発言をくり返し、日本人はそれに慣れてしまっている。三選阻止の署名運動があったが、日本国内だけで行なうよりも国連人権委員会に訴えたほうが、世界に東京都知事の人権無視発言を知らしめることになるので、国際的なインパクトがある。外国の目に弱く、『恥』の気持ちが強い日本人は、こんな人を首長に選んだら『東京の恥』と思うだろう。」

 これはパリ在住のジャーナリストで、本誌にも記事を書いている羽生のり子氏である。


私も常々、彼(慎ちゃんね)の豪快な発言を海外に発信すべきと思っている。



posted by PPFV at 00:28| パリ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。