2007年07月02日

狸〜久間の妄言には気をつけろ

原爆容認は無知の露呈 防衛相発言(東京新聞社説2007/7/2)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2007070202028890.html

本当に許されない発言である。主義主張する前に歴史を勉強せいとの声もある。全くだ(怒)。
と怒ってたとこだが、ちょっと待てよ。
いくら無知だアホだと言っても自民公明危うしのこの状況で追い討ちをかけるようなこんな発言するだろか・・・・・・。
今年の初めには久間の古狸に一杯くわされた。

あ、にゃるほどね。(拙ブログ2007/1/30)
http://ppfvblog.seesaa.net/article/32377996.html

はたして、今回の発言が自公の危機に「追い討ち」をかけることになるんだろうか。
その前に「自民公明危うし」の状況に陥った原因を考えてみる。
年金問題、住民税増税・定率減税廃止問題などなど、生活に密着した問題が大きいかと想像する。
なんだかんだ言ったって、一見生活に密着してない(と思える)問題に対しては、案外みな他人事だ。
先のPAC3配備に関する問題発言について下記記事が目に留まったのだが・・・

久間長官の強攻策とメディアの対応〜斎藤貴男コラム〜(オーマイニュース2006/12/25)
http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000004141
《一部引用》

 全国紙やキー局の本社が基地の島から遠く離れているから、ジャーナリズムには必須であるはずの他者に対する想像力が決定的に欠落しているから、ばかりでもないと思われる。現代のこの国で“報道”に携わっている人々の圧倒的多数派が、久間長官とまるで同じ感覚を共有してしまっている現実を思い知らされざるを得ない。


これは決して「報道に携わっている人々」に限った話ではないような気がする。そこんとこ久間のオッサンは心得ておるのだ、この狸。
んなもんだから、この久間のオッサンもしかして、生活密着な国民の怒りをこんな発言で薄めようとしているのか?などと思ったりする。生活密着な国民の怒りをそのままにしておいては共産党に多くの票がながれてしまうとの危機感か?まあ確かに生活密着な怒りの矛先を変えれば自民党への批判が単純にマシになるわけじゃないにしろ、自民党への批判を民主党に流す(共産党から回収〜)こともできるかも。

先の長崎市長銃撃事件の際には「補充がきかないと共産党の市長が誕生してしまう」などと発言した久間氏だからね。
この狸には気をつけろ。


posted by PPFV at 22:17| パリ ☀| Comment(2) | TrackBack(8) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
妄言連発男、久間をかばっていた安倍が、コロっと態度を変え、久間の辞任を受け入れ、小池百合子を後任に据えたが、近くに迫った参院の選挙対策であることは見え見え。女性を起用したのは、近頃、なんかと恐い話題の多い防衛省のイメージをやわらげるつもりかもしれないが、これがまた、無節操で小賢しい女で、騙されまいぞ。
マスコミなどは、世論の反発で久間を切ったように報じていますが、果たしてそうでしょうかね〜。だったら、松岡や伊吹をなぜかばい通した?。俗にいう「空気の読めない男」。安倍が庶民に気配りしたことなんか今まで有った?。公明党の反発でしょう。選挙で公明党の協力が無いと困るもんね。安倍ってのはそういう男だ。世論の勝利と考えたいが、そう単純に考えて油断していると向こうの思うツボ。騙されまいぞ。

Posted by 梁骨太 at 2007年07月03日 22:13
梁骨太さん、コメントありがとうございます。
そうですね、油断なりません。
ああ見えて計画的に妄言吐く久間氏。この状況でそう単純に自公を貶める妄言吐くとはどうにも考えにくいんですね。ましてや電通だか博報堂だかプロがついてるんだし(笑)
はたして政治にはそれほど興味のない大多数の国民にとって今回の一件がどう影響するかなと想像するわけです。給与明細の銀行振込額が一万円も減ってつい先日までコノヤロと思ってた人も案外忘れちゃったのではなかろうか(笑)。公明にわかに騒々しくなったと思ったら、一転、久間氏辞任の知らせ。あら公明やるじゃないの、自民も素直に過ち認めたのねと、まあ私の勝手な妄想ですが。
今回の選挙、共産党躍進の気配は当地保守王国でも素人の私でさえひしひしと感じるところで、ましてや電通だか博報堂だかのプロがそんなこと気づかないはずはないだろうし、少なからず危機感も持っているはず。今回の件は案外捨て身技か?などと思ったりもして。まあ私の勝手な妄想ですが(笑)
あと今回の久間批判、いつも裏切られるメディアの反応も意外なほどの盛り上がりを見せたことも気になる要因のひとつです。まあ私の勝手な妄想ですが(笑)
Posted by PPFV at 2007年07月04日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

米国の勝手な理屈で、日本の防衛相が米国の考えを代弁する必要はない
Excerpt: 毎日新聞 2007年7月3日 0時30分 (最終更新時間 7月3日 1時12分) http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/feature/news/20070703k0..
Weblog: 花のニッパチ、心のままに?
Tracked: 2007-07-03 01:54

LITTLE BOY & FAT MAN
Excerpt: LITTLE BOY & FAT MAN 久間防衛でぇ~じんの「しょうがない」発言の釈明 「原爆の投下を是認したように受け取られたのは残念だ。(当時の)ソ連の意図や米国が原爆を落とすことを見抜けなか..
Weblog: 競艇場から見た風景
Tracked: 2007-07-03 05:09

「嫌われる日本」
Excerpt: 久間防衛相、講演で「原爆投下、しょうがない」(朝日新聞) - goo ニュース 記者は久間氏のあとを追っていけば、記事がとれるのかもしれません。アメリカのブッシュ政権がこれにかみつくことはない..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2007-07-03 05:57

原爆投下、中川昭一氏が久間章生防衛相を国防部会へ
Excerpt: 自民党の中川昭一政調会長は1日、フジテレビの番組に
Weblog: ネット社会、その光と闇を追うー
Tracked: 2007-07-03 07:45

だからこの際比例区は共産党
Excerpt:  BLOG BLUESさんより、「だからこの際、比例区は共産党。」のバナー新作入荷とのことでTB頂きました。(記事はコチ
Weblog: ベースケ日記
Tracked: 2007-07-03 13:22

安倍が久間発言を事実上、不問に付すのはなぜ/だれも戦争責任をとらない日本のこれまでが透けてくる
Excerpt: 久間防衛大臣の原爆投下「しょうがない」発言以後の経過を見ると、本当の意味で誰も戦争責任をとらなかった日本のこれまでがどうしても透けて見えてくる。 まず問題発言の本日までの経過をざっと見る(Kot..
Weblog: どこへ行く、日本。(安倍の「戦後体制からの脱却(=戦前・戦争体制への回帰)」を日本国民は許してしまうのか)
Tracked: 2007-07-03 14:09

被爆者の声を集めたCD  〜久間発言のおりに〜
Excerpt:  テレビから大滝秀治さんの声で「困ったもんだが、しょうがない」という声が聞こえてきました。 “やずや”のCMですね。  原爆投下は「しょうがない」という久間氏の発言が問題になった折、CD9枚組の労..
Weblog: JCJ機関紙部ブログ
Tracked: 2007-07-03 23:21

久間章生防衛相が、原爆はしょうがない 発言で辞任
Excerpt: 久間章生防衛大臣(66)は3日、先の大戦での米国の
Weblog: ネット社会、その光と闇を追うー
Tracked: 2007-07-04 01:06
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。