2007年07月09日

[毎日新聞]障害者にまつわる記事2題

字幕番組等制作促進助成金:アダルトにも助成、賛否両論
        −−障害者向け手話付き番組に(毎日新聞2007/7/9)
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070709ddm041040087000c.html

CSのアダルト専門放送という限定的な番組にどれだけニーズがあるのか、把握したうえで助成を決めたのか疑問が残る。


否定的な意見にこんな指摘もあるが、いわゆるアダルトサイトの桁違いに多いアクセス数を思えばニーズはあるだろう。健常者も障害者もあるまい。
点訳のボランティアをやっている人からかつて聞いた話では、いわゆる「官能小説」の点訳要望がかなり多いとのことだった。最初は「へ〜」と思ったが、「そりゃそうだな」と思い直したことがある。
もっとも妙にものわかりのいい「総務省の外郭団体」の態度を訝る気持ちもわからないではないが。

障害者にまつわるニュースにはこんなニュースもある。これは明らかに許されないだろう。いったいいつの時代の話かと思ってしまう。

退職勧奨:「子の障害」も例示した文書を通知 都教育庁(毎日新聞2007/7/9)
http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20070708k0000m040123000c.html


posted by PPFV at 20:10| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。