2007年07月27日

「よりマシ」じゃなくて「より良い」投票行動のために

新自由主義的自民党政権に心底怒りを感じる方に。真正面から痛打を喰らわす投票行動のために。決して近視眼的投票行動で怒りの痛打を空振り(ヘタするとカウンターもあるかもよ)に終わらせないために。
怒りの投票行動の前にちょっと頭を冷やして読んで欲しいエントリーだ。

「自民党に勝てばいい論」に欠落しているもの(これでいいのか?2007/7/27)
http://korede.iinoka.net/archives/2007/07/post_39.html
《一部抜粋》しますが是非全文お読みください。

 かつての「非自民内閣」の実績、および現在の民主党の実績を考えれば、「自民党政権から民主党政権」というのが、「よりまし」などという安易な言葉で語れるものではない、という事が分かります。加えて言うと、そのような「自民党が失政を繰り返して国民の不満が高まった際に、その『受け皿』を民主党が担う」という事が、どのような勢力にとって望ましいのか、というのも考えて見ると面白いかと思っています。




posted by PPFV at 16:42| パリ ☀| Comment(4) | TrackBack(4) | 政権交代真理教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
老人党のなだいなだ氏も、相当の「真理教徒」ですね。
http://green.ap.teacup.com/meiget51/
物忘れが激しいご老人にも困ったものです。
Posted by latter_autumn at 2007年07月27日 20:30
こんばんは。
今回の記事は、PPFVさんの一連の記事やリンク先を読んでいて、浮かんだ事を書かせていただいたものでした。
このように取り上げていただき、恐縮しております。
有り難うございました。
Posted by OONO at 2007年07月28日 01:42
latter_autumunさん、コメントありがとうございます。
ご紹介のエントリー拝見しました。
「社民、共産は、憲法が危ないと危機感を煽ってきましたが・・」こんな表現ひとつでどの程度の『ゴケン』か底が知れてるといった感じです。すべては自公を落とすことだけ。それ以外の考察は一切ありませんね。無駄に年はとりたくないものです。
Posted by PPFV at 2007年07月28日 22:07
OONOさん、コメントありがとうございます。
当方のエントリーがわずかでもヒントになりましたか。嬉しいと同時にこちらこそ恐縮です。
いつも冷静なエントリーに勇気付けられています。ぜひ皆さんに読んでいただきたいと思い紹介させていただきました。
Posted by PPFV at 2007年07月28日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

つくられる世論
Excerpt: 参院選投票日まであと2日となった。 投票日が近づくにしたがってますます投票意欲が...
Weblog: 今日の出来事
Tracked: 2007-07-28 00:41

筑紫哲也さんの魂の声
Excerpt: 癌で闘病をされている筑紫哲也さんが、本日のNEWS23の多事争論に声だけの出演で魂のメッセージを伝えていました。 内容は、あさっての投票に必ず行こうという筑紫さんらしく、静かに語られた訴えでした..
Weblog: サロン・ド・北神戸「九条の会」
Tracked: 2007-07-28 00:42

投票することとは〜あたらしい憲法のはなし
Excerpt:  いよいよ参議院選挙の投票日です。  わたしたちの国に民主主義が本当に生きているかどうかを検証する大切な機会です。 1947年(昭和22年)8月2日に文部省が発行した、   「あたら..
Weblog: 津久井進の弁護士ノート
Tracked: 2007-07-29 06:20

主権者による勧善懲悪の時代の到来
Excerpt: 国民をイタメにイタメつけ、暴政を欲しいままにしていた自民党、公明党安倍政権が野党
Weblog: ブログ blog で 情報交換
Tracked: 2007-07-30 20:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。