2007年07月31日

民主党の今後の動きを注視する

「自公暴走阻止のために民主に票を集中させよ!」と散々呼びかけておきながら、共産議席減を見るや「ほら凋落傾向だ」だの「自然消滅を待つばかり」だの一体何だんねん・・・と言いたいところだが(私は党員でもなんでもないので決して党の正式見解ではありません、念のためって当たり前か)、それはさて置き、これだけの二大政党制キャンペーンの中にありながら選挙区では票を減らしたものの比例区では前回参院選から得票を伸ばしているのだから健闘したんじゃなかろうか。社民党にしても票を減らしたのもこの状況を考えれば無理はないかもしれない。
多くの票が自公から離れ民主へ集中したわけだが、さてさてその民意の核はどこにあるのだろうか。いわゆる市民派あるいは護憲派といわれる方々が期待するところの民意とはどうも乖離があるような気がする。とりあえずは自公の暴走にストップをかけることができたのは良かったかもしれないが(民主に票を集中せよ!の論拠はまさにここがツボだったんだからして)、手放しに喜ぶのは早計だ。今後の民主党の在りよう如何では、民意はまたまたどうにでも転ぶ。どうにでもと言っても「民主もダメか・・じゃ今度は社共だ」と行くような民意とは考えにくいので、必然的に「じゃやっぱし自民」ということになりかねない。そうならぬためにも民主党には、まず手始めにこのあたりは頑張って欲しい・・・。

小沢代表、テロ特措法改正に反対表明 役員会に姿見せる(朝日新聞2007/7/31)
http://www.asahi.com/politics/update/0731/TKY200707310179.html

インド洋に展開する米艦隊を自衛隊が後方支援するためのテロ対策特別措置法改正案への対応について「今まで我々が主張した通りだ。反対したのに、賛成というわけはない」と政府案に反対する考えを表明した。


ん、頼もしい。「自民大連立」なんてまさかね!と思いたくなる頼もしさだ。いやそう思いたい。

さくらパパ デビューでいきなり大暴走(デイリースポーツ2007/7/31)
http://news.livedoor.com/article/detail/3251124/

おい、ブーメランはやめれ。

今後の民主党の動き・・・しっかり見極める必要がありそうだ。


posted by PPFV at 21:01| パリ ☀| Comment(2) | TrackBack(7) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 民主党もあれだけ大勝させてくれた民意が怖いんじゃないでしょうか。そう簡単には裏切れないですから。「反対したのに、賛成というわけはない」なんて、民主党の場合あてにならないけど、国民の圧力次第で民主党は動かすことができそう。いくつかの悪法を葬るチャンスがめぐってきたかもしれませんね!
 それにしてもテロ特措法に関しては民主党がアメリカ様に楯突くということになるのでしょうか。本気なの?と疑ってしまうのですが、ブッシュ大統領もあとはやめるだけだし、アメリカとしても強攻策一辺倒ではなくなると見通してるのでしょうか?って思いつきで言ってるだけですが。
Posted by contack at 2007年08月01日 22:03
contackさん、コメントありがとうございます。
私もあてにならないと思いますね。「反対したのに、賛成というわけはない」は正確には「反対したのに、賛成というわけにはいかない」といったところでしょう。むしろこのまま頑張ることができれば、それこそ画期的なことですけどね。
PS:リンクまことにありがとうございます。こちらは勝手にリンク張らせていただいてました(^^;;
Posted by PPFV at 2007年08月03日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

民主党も複雑だ;選挙後の政局
Excerpt: メディアが選挙後、伝えているのは、自民大敗のあとの政局のことだ。参院の議長は慣例によって第一党の民主党からとなるだろうし、少なくとも与党の考えるような、円滑な法案の審議は想定しえなくなったというわけら..
Weblog: 花・髪切と思考の浮游空間
Tracked: 2007-07-31 21:36

流され流され騙され…
Excerpt:  依然として続く自民党政治。自民党と民主党という名の自民党の派閥によって。そしてマスコミに操られたピエロのような国民によって。  政治の中身は変わらない。  巨大企業優遇・格差社会、ア..
Weblog: 戦う呀緋琉
Tracked: 2007-08-01 00:29

終わった、いや、始まった。ほんとうの戦いはこれからだ
Excerpt:  今回の参院選の結果について、メディアはもちろんのこと、多くのブロガーがそれぞれ思いを述べておられる。わたしも一言述べておきたい。  共産党が議席を減らしたのは、たしかに残念だ。しかし、大事な点は、テ..
Weblog: 花のニッパチ、心のままに?
Tracked: 2007-08-01 04:47

複数野党制(複数政党制)か単独野党制(二大政党制)か
Excerpt: 複数野党制(複数政党制)か単独野党制(二大政党制)か  2007年7月28日の参院選について。いたたまれず久々に書く。短く。何度か推敲する予定。    民主党が自公を上回って圧勝。与党敗北ということ..
Weblog: 八百長二大政党制を警戒せよ!複数野党制の意義を考え、守っていこう!
Tracked: 2007-08-02 00:29

07参院選:がっかりだが絶望する理由もない
Excerpt:  投票日翌日の東京新聞だったか、自民支持層の4分の1が民主党に流れたというような記事があった。おそらくはそれ故の大敗なのだろうが、このことから私が感じるのは、これまでひたすら自民党を支持してきた人々が..
Weblog: M. H. Square.
Tracked: 2007-08-02 01:52

参院選で一人勝ちをおさめた民主党の本音【連合高木会長 木走日記 gataro】
Excerpt: 「敵失」つまりは、安倍政権の凡ミス連発というより、余りのアホぶりに助けられて大勝利を得たことで有頂天にならないように、民主党の有力支持組織のひとつ、「連合」の高木会長が、ちょっぴり民主党を引き締めるた..
Weblog: どこへ行く、日本。(安倍の「戦後体制からの脱却(=戦前・戦争体制への回帰)」を日本国民は許してしまうのか)
Tracked: 2007-08-02 23:43

参院選で自民党が歴史的な大敗
Excerpt: 29日に投票が行われた参院選で、自民党が改選64議席に対して当選が37議席にとど
Weblog: かわうそ実記
Tracked: 2007-08-03 10:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。