2007年08月06日

共産党の躍進を阻む「マスゴミ」他

阿修羅より。

共産党前進には「活動量アップが課題」/政界関係者ら注目(しんぶん赤旗)
http://asyura2.com/07/senkyo39/msg/1293.html

共産党の敗因には「マスゴミ」のあり方の問題が大きいとのご意見。私もそう思う。皆さんも全然感じないことではないでしょう、誰も言わないけど(笑)。中には身に覚えがある人もいるんじゃないか。

たとえば、

安倍の続投を笑えない『確かな時代遅れ』共産党(反米嫌日戦線)
http://asyura2.com/07/senkyo39/msg/1379.html

普段、「マスゴミ」を目の敵にしながら、嬉々として「マスゴミ」の尻馬に乗る不思議さ。凋落の一途の政党(と思ってるんだったら)のことなど放って置けばいいのに執拗に攻撃したいのは何で?的な不思議さ。
ちなみに私見言わせてもらえば「アホ世襲」が問題なのだからして。以上。


posted by PPFV at 18:45| パリ | Comment(2) | TrackBack(6) | 不定期日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>学生運動も衰退し、イデオロギーが弱体化
>した今、若い力は入りません。
>横浜駅前で共産党候補の選挙活動を見かけた
>が、ビラを配っていたのは加齢臭が感じ
>られる人々ばかりであった。

私が勤務先の最寄駅で見かけた共産党の運動員(?)は、若者ばかりでしたが。

若者の雇用と労働者の権利が如何に危うい状況にあるのか、現実をさっぱり知らずに、「若い力は入りません」などと脳内妄想を垂れ流す輩こそ、目糞耳糞が溜まっていそうですな。
Posted by latter_autumn at 2007年08月07日 20:27
latter_autumnさん、コメントありがとうございます。
リアルな世界では案外そうなんですよね。若い人の関心も決して薄くはないようです。
仮に年配の人が多いとして、何でそれが批判の対象になるのか。このような批判は飽き飽きしています。
あるいはこんなのも↓
http://asyura2.com/07/senkyo40/msg/132.html
往々にして個人的体験を元に批判されることありますが、私の個人的体験とは全く真逆でなんともです。もっとも個人的体験で支持を表明することなど私はしませんが。
Posted by PPFV at 2007年08月08日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

7日づけ朝日新聞4面の共産党関連記事について
Excerpt: 7日の朝日新聞朝刊4面に、『共産、再興の道筋は』という、一般商業紙にしては珍しい共産党関連記事が掲載されていました。執筆は評論家の立花隆氏と、「欧州の左翼政党に詳しい」とかいう触れ込みで出てきた名古..
Weblog: 毛主席語録学習期間@ネタ切れ人民共和国統合不定期更新日記
Tracked: 2007-08-08 21:43

第286号 色々と対論記事…も、思いの吐露に終わりました。
Excerpt: 伊東:お晩でございます。伊東です。ベン:こんばんは。ベンジャミン・コルドマンです。びー子:今晩びー。伊藤びー子でーす。びー:そして、待たせたな。     大船渡の“キムタク”ことびーいとうでござい…ゲ..
Weblog: 「ちょっと、よってけらっせん。」−伊東勉のページ。
Tracked: 2007-08-12 19:32

メディアを読み解く言葉
Excerpt: 「メディアというのはちっとも高尚なもんじゃなくて、 どこの国でも駄目だけど、低劣なら低劣なりに、 そのストラクチャーの中で、 どんな反響が来るかということの予測がつかないんだったら、 やっぱり駄目だ...
Weblog: |マスコミ・マスメディアを考察する言葉|
Tracked: 2007-08-18 20:32

死ぬまでブタどもに操られ踊り続けるつもりなのか
Excerpt: 選挙区では自公に勝てそうな民主党候補者に・・・って、まるで意味が解らない。 そんなことを続けていたら日本は民主主義を否定し、アメリカのように不自由な国になっちゃうぞ。 悪の根源は、一人しか当選でき..
Weblog: 戦う呀緋琉
Tracked: 2007-08-22 15:47

第294号 本音。
Excerpt:  こんにちは。伊東です。 今日は…だいぶ本音が出る記事となります。読んでいてどう感じるか、はっきり分かれるかもしれません。それでもよかったらどうぞご覧ください。 とある日の「対論記事専用スタジオ」。ベ..
Weblog: 「ちょっと、よってけらっせん。」−伊東勉のページ。
Tracked: 2007-08-23 19:52

『参議院選挙についての分析』というタイトルで日本共産党中央委員会にメール送りました
Excerpt:  私から日本共産党中央委員会へ  夜にCMを流さずに党名だけ変えても共産党の議席
Weblog: 嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!
Tracked: 2007-09-02 19:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。