2007年10月01日

[東京新聞]記述修正「工夫と知恵で」 集団自決検定で町村氏

記述修正「工夫と知恵で」 集団自決検定で町村氏(東京新聞2007/10/1)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2007100101000864.html

県民感情に理解を示した上で「(教科書の記述訂正・修正について)関係者の工夫と努力と知恵があり得るのかもしれない」との認識を示した。


沖縄県民の怒りの大きなうねりがもたらした歓迎すべき「変化」ではあるがこのコメントはいただけない。そもそも「事実」を「事実」として記述するのに何の工夫や知恵が必要なのだろうか。もっとも「事実」を「ウソ」と記述するには工夫や「悪」知恵が必要だろうが。


posted by PPFV at 23:35| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | ニュース拾読 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

今日から郵政民営化スタート…だけど、私はこれからもこのシャツを着続けます
Excerpt:  今日から、郵政民営化スタートです。  郵政、あす分割・民営化(2007年9月3
Weblog: 嶋ともうみ☆たしかな野党を応援し続ける勇気を!
Tracked: 2007-10-02 02:22

どちらにしろ結果としては同じ1票
Excerpt: どちらにしろ結果としては同じ1票  例えば、私が陰謀か間違いか知らないが、何かで偶然無実の罪・冤罪で逮捕されたとする。  裁判が始まった。  陪審員制度というのが導入されるそうだが、ここでは、陪審員..
Weblog: 八百長二大政党制をぶっこわそう!複数野党制=民主政治を守り抜こう!
Tracked: 2007-10-02 20:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。