2008年05月22日

[東京新聞]トヨタ「カイゼン」に全額残業代 過労死認定受け来月から

トヨタ「カイゼン」に全額残業代 過労死認定受け来月から(東京新聞2008/5/22)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008052290122721.html

トヨタ 期間工にもQC(自主活動)
「正社員めざすなら」と強要(しんぶん赤旗2008/4/22)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-22/2008042201_03_0.html



2008年05月21日

[しんぶん赤旗]自民がNHK番組攻撃/山下議員 “政治介入”と批判

自民がNHK番組攻撃/山下議員 “政治介入”と批判(しんぶん赤旗2008/5/21)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-05-21/2008052104_02_0.html

[しんぶん赤旗]おかしいぞ年金財源論議 消費税ばかり

おかしいぞ年金財源論議
消費税ばかり 空前の利益 大企業に負担求めず(しんぶん赤旗2008/5/21)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-05-21/2008052101_01_0.html

[朝日新聞]自民、消費税率上げ検討始める 年金財源にらみ前倒し

自民、消費税率上げ検討始める 年金財源にらみ前倒し(朝日新聞2008/5/21)
http://www.asahi.com/politics/update/0520/TKY200805200369.html

2008年05月19日

[沖縄タイムス社説]裁判権放棄/主権国家が取る行為か

[裁判権放棄]主権国家が取る行為か(沖縄タイムス社説2008/5/19)
http://www.okinawatimes.co.jp/edi/20080519.html#no_1

米兵裁判権放棄 国民を守れず主権国家か(琉球新報社説2008/5/19)
http://ryukyushimpo.jp/news/storytopic-11.html

米兵裁判権大半を放棄 米側公文書 53年に日米政府が密約(東京新聞2008/5/18)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2008051802012262.html
posted by PPFV at 19:04| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 注目エントリーなどをメモしておく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

後期高齢者医療制度について記事2題

後期高齢者医療 抜本的見直しが不可欠(中国新聞社説2008/5/16)
http://www.chugoku-np.co.jp/Syasetu/Sh200805160099.html

筆洗(東京新聞2008/5/11)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2008051102010358.html
posted by PPFV at 18:26| パリ 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | 注目エントリーなどをメモしておく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[Daily JCJ]「中国嫌い」/どこまでやるの

「中国嫌い」/どこまでやるの=亀井 淳(Daily JCJ 2008/5/9)
http://jcj-daily.seesaa.net/article/96155186.html
posted by PPFV at 16:47| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目エントリーなどをメモしておく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

[しんぶん赤旗]障害者権利条約 批准へ国内法の見直しを急げ

障害者権利条約 批准へ国内法の見直しを急げ(しんぶん赤旗2008/5/8)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-05-08/2008050802_01_0.html

条約の批准は当然ですが、政府にいま求められているのは単に批准さえすればよしとする態度ではなく、障害者の権利保障をうたった条約に違反するような現状を早急に是正することです。

2008年05月07日

[しんぶん赤旗]憲法を現実に生かすことこそ

マスメディア時評 憲法を現実に生かすことこそ(しんぶん赤旗2008/5/6)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-05-06/2008050604_02_0.html

2008年05月06日

[毎日新聞]次期衆院選、共産票どこへ行く 自民・民主、「山口補選」分析急ぐ

選挙:次期衆院選、共産票どこへ行く 自民・民主、「山口補選」分析急ぐ(毎日新聞2008/5/6)
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20080506ddm005010038000c.html

2008年05月02日

「タケノコとモクレンの混ざったようなにおいがする」と通報、そりゃ筍と木蓮の匂い

すんません。決してエントリーに手を抜こうなどと考えているわけではありませんが

↓これもまたおもろい。

幹部が出動する大事件(非国民通信2008/5/1)
http://blog.goo.ne.jp/rebellion_2006/e/8be69a2ab1dc8c2feeb81b39c941ab08

「タケノコとモクレンの混ざったようなにおいがする」と通報があったそうですが、そりゃ筍と木蓮の匂いでしょうよ?


いやあ、まことに興味深く傑作なエントリーでございました。全国ネットで一躍有名になった「怒れる(か、よっぱらいか知らないけど)チューリップなぎ倒しサラリーマン」には心から同情したことでしたが、当人もまさかこれほどオオゴトになるとは夢にも思わなかったことでしょう。「メダカ国家」(この言い方も何か懐かしい)の面目躍如といったところか。

拙ブログ2008/4/30のエントリー 人の金銭感覚の不思議なこと ともまんざら無関係でもないかなあと思いますのでTB送らせていただきます。

posted by PPFV at 00:27| パリ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 注目エントリーなどをメモしておく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

日本はかくの如き貧乏になりました

↓これおもろい。

懲らしめようぞ悪代官!by赤嶺政賢(milou's note Bis)
http://milou.seesaa.net/article/95236519.html

日本政府よ、そんなに日本が年寄りにも酷税を課す危機的経済状態だったら外遊してよい顔して中国とかあっちこっちに金ばらまくな!この際アメリカさんにもお願いして日本はかくの如き貧乏になりましたと実情を話して思いやり予算とやらも半分に負けてもらいなさい!

2008年04月24日

[しんぶん赤旗]食料自給率向上へいまこそ国民的共同を

食料自給率向上へいまこそ国民的共同を
日本農業の再生を考えるシンポ 志位委員長の発言(しんぶん赤旗2008/4/23)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-23/2008042325_01_0.html

しかし、どの国も、食料の確保というのは、軍事、エネルギーとならんで、国家存立の土台と考えられていることは事実でしょう。ところが、日本の政府は、はっきりいって食料確保に責任をもたない。エネルギーにも責任をもたない。関心をもっているのは軍事だけ。これはまさに政治のあり方を、根本からあらためなければならないのではないでしょうか。


その気になれば食料を自給する能力がある日本が、自分の国の田畑を荒らして、外国から大量の穀物を買い付けていることは、飢餓の全世界への輸出にほかなりません。自給率向上は、一人日本国民の利益だけでなく、国際社会への貢献だということを訴えたいのであります。


 日本の農業について、財界などから「競争力がない」だの何だのと、一生懸命に頑張っている農業者のみなさんの努力を足げにするような発言がよくあります。しかし、日本の農業には、素晴らしい能力があります。

 農地一ヘクタールで何人の人を養えるか。オーストラリアは〇・一人、アメリカは〇・八人、イギリスは二・六人、フランスは二・九人、ドイツは四・五人です。わが日本は、十・五人なのです(「ほおー」という声)。日本では、水田という最も高い生産力をもつ農地が中心となっているからです。そして、日本の農業、農業者が、優秀だからであります(拍手)。「日本の農業は競争力がない」などと否定するのは、根本的な間違いです。これだけの素晴らしい能力のある農業を、壊してきた自民党政治の責任こそが問われているのであります。


nougyou_seisansei-s.jpg


食料自給を急げ(ビルトッテンコラムOurWorld 2008/2/22)
http://www.ashisuto.co.jp/corporate/totten/column/1186548_629.html

2008年04月23日

拉薩(ラサ)の動きについて〜何を隠そうとしているのか〜

AMLに興味深い投稿。

[AML 19229] ラサの動きについて  A
http://list.jca.apc.org/public/aml/2008-April/018739.html
[AML 19230] ラサの動きについて  B
http://list.jca.apc.org/public/aml/2008-April/018740.html

出典がはっきりしないけれど、あえて転載させていただく。
大々的になされるメディア報道は疑ってかかるが「吉」。
果たして私たちはあの「イラク報道」から何を学んだのか。

以下、特に印象的な最後の一文。

  こんにち、外国の情報を迅速に手に入れる方法は少数のメディアのほかにもある。米国政府寄りの報道をすることで知られる一部の西側メディアがどのようにイラク報道をおこなったかを知っている先進的な人々は、そのような一部の西側メディアから何を読みとることができるかをイラクの経験をとおして既に学んだ。今度はそれを実際に応用する番である。先に本当のことに気づいた先進的な人々が力を合わせてそれを多くの人々に説明するねばり強い努力を続けるなら、やがて虚偽が崩れるときがやってくる。米国政府寄りの報道をすることで知られる一部の西側メディアの虚偽報道体質に多くの人が気づくとき、虚偽は人々の良心を汚し続けることができなくなる。その時あざむく者の声は力を失い、多くの人々が本当のことを知るであろう。事実は偽りに勝利するであろう。



元のリンク先は改行がなく読みづらいので、下記に全文転載。長文ですがぜひご覧ください。

転載全文を読む
posted by PPFV at 20:11| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 注目エントリーなどをメモしておく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

入山料とるうば捨て山

「入山料とるうば捨て山」とは言い得て妙。
感心している場合じゃないか、明日は我が身だ。
導入戦犯(元凶)は誰かしっかり覚えておく必要がある。

入山料とる うば捨て山 後期高齢者医療 小池氏が批判
フジ系番組(しんぶん赤旗2008/4/21)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-21/2008042102_03_0.html

後期高齢者医療制度 “導入戦犯”は 自民・公明
06年国会 渦巻く抗議の中(しんぶん赤旗2008/4/20)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-20/2008042001_02_0.html

高齢者医療 保険料上昇を指摘
TV番組で小池氏 評論家も「戦後最悪」(しんぶん赤旗2008/4/20)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-20/2008042002_02_0.html

平成の姥捨山 元凶はコイツらだ!(日刊ゲンダイ2008/4/19)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080419-00000005-gen-ent
posted by PPFV at 20:38| パリ ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 注目エントリーなどをメモしておく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

[北海道新聞社説]イラク空自違憲判決 まだ派遣を継続するのか

イラク空自違憲判決 まだ派遣を継続するのか(北海道新聞社説2008/4/18)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/87943.html

 もう一つ、判決が示した重要な判断がある。平和的生存権を「憲法上の法的権利」と認めたことだ。

 自衛隊のイラク派遣によってこの権利が侵害されたとはいえないとしながらも、「基本的人権は平和の基盤なしには存立し得ない」と明言した。平和は何にもまして大切だという指摘だ。

 近年、この当たり前のことが置き去りにされてきた。

 政府・与党のみならず、すべての国民が、じっくりとかみしめてみる必要のある判決だ。


posted by PPFV at 20:40| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 注目エントリーなどをメモしておく | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月17日

[しんぶん赤旗]命縮める制度 知れば知るほど廃止しかない

命縮める制度 知れば知るほど廃止しかない(しんぶん赤旗主張2008/4/17)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2008-04-17/2008041702_01_0.html

 こんな血も涙もない制度をつくったのは誰か、はっきりさせておく必要があります。

 「審議も機が熟してきた」「ぜひこの法案について処理を進めるべきだ」。二〇〇六年五月十七日、後期高齢者医療制度など医療法案を審議していた衆院の厚生労働委員会で、公明党の福島豊議員が審議の打ち切りを求めました。徹底審議と廃案を求めて数百人が国会前に詰めかけ、あふれんばかりの傍聴者が注視し、日本共産党など野党が厳しく抗議する中で、審議は打ち切られました。自民党と公明党が、後期高齢者医療制度を強行採決した瞬間です。

 自公は参院でも強行採決を繰り返し、小泉内閣が提案した後期高齢者医療制度を含む医療改悪法は六月十四日に成立しました。



[田中宇の国際ニュース解説]北京五輪チベット騒動の深層

北京五輪チベット騒動の深層(田中宇の国際ニュース解説2008/4/17)
http://tanakanews.com/080417tibet.htm

2008年04月09日

[中国新聞]「出演者変心させた」 「靖国」、自民議員が介入と憤る

「出演者変心させた」 「靖国」、自民議員が介入と憤る(中国新聞2008/4/9)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200804090352.html
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。